兵马俑的回忆~西安和我的不可思议的缘分~

c0073377_23121022.jpg
我高中时候,在我的故乡附近为了促进中日本友谊开了一个”兵马俑展览会”.虽然现在的日本”兵马俑”已经有名了,不过当时乒马俑一点也不有名,我也通过那个展览会的广告头一次知道它了. 一看那个广告我就觉得什么他们都叫我,我就想要去”兵马俑展览会”.不过对于高中生的我没有火车费也没有票费,去不到了.

有一天发生了一个大事件.因为那个展览会的防备不够,有一个精神失常的日本人把一个俑倒破坏了.知道那个消息我就吓了,其实当时我还对中国没什么特别的感觉的,不过我怕中日关系更不好. 这个本来好不容易为了中日友谊的活动,太遗憾了,我怪日本的那个防备体制.不过中国对这个事件的态度非常关容,一点也不怪日本.中国和日本决定了两国齐心协力恢复那个被怀的俑了.这个令我吃惊.
过了一年左右后,我看了报纸又吃惊又高兴了.那个被怀的俑完全修好了.其实怀疑真的能修改它的我感动极了.
那时候我决定了,以后考上了大学的话我开始学习中文,去西安,亲眼看”兵马俑”.过了3,4年后,那是87年的夏天,我的愿意实现了.很多很多的乒马俑在西安欢迎我,我跟他们终于能见面了.
c0073377_23123998.jpg




兵馬俑の思い出 ~西安との不思議な縁~

僕が高校生の頃、故郷の近くで日中友好の為に「兵馬俑博覧会」が開催されました。今でこそ兵馬俑も有名になりましたが、当時の日本は兵馬俑は全く世間では知られて無く、僕もこのイベントのTVCMをみて初めて兵馬俑の存在を知りました。兵馬俑博覧会のCMをみると、なんだか、彼ら(兵馬俑)が僕を呼んでいるような気がして、みにいきたいと思いましたが、高校生の僕には電車代もチケット代も無く、行くことは叶いませんでした。

ある日、大事件が起きました。兵馬俑博の警備が手薄だった為、日本人の精神薄弱の患者さんが展示中の兵馬俑の内一体を倒し、粉々にしてしまったのです。そのニュースを知り、僕は非常に驚きました。実は当時僕はまだ中国に対し、それほど関心は強くありませんでしたが、それでもこの事件をきっかけに日中関係が更に悪化するのでは、と心配しました。せっかくの日中友好の為に開かれた展示会、イベントなのに、と。そして、日本側の警備体制の甘さを責めました。

ところが僕の予想に反し、中国側の対処、対応は非常に寛大でした。中国側は日本の警備体制等を全く咎めることなく、日中共同で壊された兵馬俑の修復をすることを決めたのです。

それから一年ほどが経ち、その事件が忘れられた頃にある新聞のニュースを眼にし、とても驚き、また嬉しく思いました。例の兵馬俑が完全に修復された、というニュースだったのです。実は僕は粉々に壊された兵馬俑が本当に修復できるのか、僕は信じ切っておらず、本当に感動を覚えました。

その時僕はもし大学に受かったら中国語を勉強して実際に西安に行き、本場で兵馬俑を実際にみよう、と決めたのです。

それから3、4年が過ぎ、そう、87年の夏、僕の願いは叶いました。大勢の兵馬俑達が西安で僕を迎えくれてくれ、ついに彼らに会うことができたのです。
[PR]
by baijinghy0527 | 2005-05-29 22:40 | 中国と中国語 | Comments(11)
Commented by oukyoku at 2005-05-30 15:11
チケットが古いね~入場券が「伍角」だったのは懐かしい。今は「伍角」なら、何も買えないと思います(^^:

ちなみに、一段目が私の言葉で書いてみました↓(^^;
  在我上高中的时候,为了促进中日友谊,在我家附近开了一个“兵马俑展”。虽然“兵马俑”在现在很有名,但是在当时的日本,还没有多少人知道。我也是通过那次展览的广告才知道“兵马俑”的。当我看到那个广告的时候,就觉得好像有一个声音在呼唤我似的,很想去看那个展览。但是,当时的我只是一个高中生,根本没有钱去买车票和门票,所以没去了。

↑最後の「了」は「le」じゃなくて、「liao3」です。
Commented by baijinghy0527 at 2005-05-30 16:34
写真のチケットもうボロボロだけど、記念にとっておいてありました!
当時はまだ外幣と人民幣があって、この時は、たしか、、、えーと、、留学生の団体行動じゃなくて、個人で行ったから、基本的に外国人料金じゃないといけないはずだけど、黙っていれば日本人ってばれなくて、中国人料金の5角のチケット買ったカナ。曖昧な記憶。(^^;;;;  

いつも中国語チェックありがとう! 「没去了」という表現は初めてみました。大学の第二外国語や、中国語検定二級位では教わりませんね。
Commented by oukyoku at 2005-05-30 16:36
>当時はまだ外幣と人民幣があって
↑知らなかった(^^;

>大学の第二外国語や、中国語検定二級位では教わりませんね
教科書に基本的な標準語しか載せないと思います。自然な言い方は生活中に覚えましょう♪~

ところで、TB成功!!(^▽^)v
Commented by 小りんご at 2005-05-30 20:36 x
古いチケット、まだ保存してるね。
私はまだ本物の兵马俑を見たことがない。中国人なのに。ちなみに、西安では、いろいろなおいしい物があるよ!そのとき、何が食べたの?(^^;

「没去了」は話す言葉なので、教科書から教えてもらえないかもね。
「所以没去成」って言ってもOKだと思うわ。
Commented by 小白 at 2005-05-30 21:23 x
あー、普通、旅行の楽しみといえば地元の名産物を食べることっていう人も多いけど僕は食、グルメには極端に疎くて。。 旅先では高級料理店より、庶民的なお店に入るのが好きだし(お腹的には勇気がいるが)。

去年西安では、地元の子達が仕事の合間の休日に市内観光がてら「羊肉泡沫」のお店に連れてってくれたのよ。「羊肉泡沫」を食べるのはもちろん、見るのも作る(?)のも初めて。平たいナンみたいなのを、見よう見まねで細かくちぎりながら、中国語でお喋りするのがすっごく×2楽しかった~。 
味はやっぱり香菜や羊肉に慣れないと日本人には辛いかな。でも珍しくて楽しくて、すごく印象に残ってます♪
Commented by 小りんご at 2005-05-31 00:26 x
>旅先では高級料理店より、庶民的なお店に入るのが好きだし
それは正解!(^^)v
地元の「地道」の食べ物を味わいたければ、ぜひ有名な庶民的なお店で!
「羊肉泡馍」(泡沫じゃないけど、汗)は西安一番有名な食べ物だよ!北京の実家の近くに「西安飯店」って言うお店があって、毛澤東主席はあの店で食べたことがあるらしい。帰省するたびに必ずあのお店に行くわよ!
「驴肉汤」もとても有名なおいしい食べ物らしいが、私も食べたことがない。口水ing...「驴」って言う動物がわかるかな、辞書を調べて、日本語では「ロバ」って。(^^;
Commented by 小白 at 2005-05-31 00:39 x
日本語もロバは「驢馬」だ。驴は 「lv」だよね。日本人には難しい発音だから、覚えてる(爆)。 僕が子供の頃、幼稚園でロバをかってて、睫毛が長くて優しい眼で可愛くていつも餌をあげて大好きだった。当時、日本では、幼児番組で「ロバ君」っていうキャラクターが人気あって大好きだったの。とても僕はロバ食べれない(TT0TT) 

ちなみに、ウチの近所にある横浜国際動物園には、中国からやってきたロバくんが一頭います。名前は「明明」(爆)。 ロバのミンミンだ(爆)。
Commented by 小りんご at 2005-05-31 14:11 x
ちょっと残忍だと思うけど、一回でも食べて見たい(爆)
でも、なぜ豚や牛を食べるのは平気なの?
Commented by Jasmine at 2005-06-01 01:11 x
なるほど、こういうエピソードがあったんですね。

ところで、当時の「門票」まで大切に持っているのは、すばらしいですね。私も日本に来たばかり頃に、あちこちの入場券とか集めてみたのですが、結局引っ越したりしているうちになくなってしまいました。小白さんは本当に思い出を大切にしている思いやりのある方ですね:)尊敬しています(^^ゞ
Commented by 小白 at 2005-06-01 01:12 x
日本はもともと牛を食べる習慣も牛乳を飲む習慣もなかったはず。ですよね??>良識者のみなさん。 
ペリーが来日して明治時代以降、牛や牛乳を食用にしたはず、たしか。

豚はなんで平気かな。謎。 昔から食べる(爆)。

ロバちゃんは食べる、という発想自体ないなあ。でも羊たべるし。
まあ、個人的には、ロバも原型とどめず調理されてでてきたら食べちゃうけど、ロバ肉、マジで売ってたりレストランでもみたことないぞ。。
Commented by 小白 at 2005-06-01 01:23 x
おっ、jasmineさんとすれ違った(笑)。 
この兵馬俑のエピソードいいでしょ。心が温まるというか。 実は中国に興味がでだしたのは、もう少し前の小学校の頃から。ずいぶん子供の頃から中国に興味をもってました。(これについては複雑な話もからむので、少しずつ話していきたいと想ってます)

でも、「本当に中国に行きたい!」「中国語を勉強しよう!」って決めたのは、確かにこの兵馬俑の一件がきっかけです。僕にとってはこの事件のおかげで今の中国好きな自分があるし、中国のお友達がたくさんできました。災い転じて福となった、と想っています。(^^)