<   2008年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

近所の小川にかかる桜のトンネル。今年も満開です。
c0073377_20184897.jpg

c0073377_2022348.jpg
若々しいここの桜は毎年の成長が目にみえてわかります。

[PR]
厚木基地の北東、上瀬谷(かみせや)という地に、こんな桜並木があります。
c0073377_15411868.jpg
ここは、太平洋戦争時代、旧日本海軍の軍事施設があった場所です。
c0073377_15421465.jpg
厚木基地の滑走路とほぼ平行、南北に一直線の桜並木が延々3キロ程続きます。
この桜は戦後、平和を祈念して植えられたそうです。
その後この周辺は米国が接収、米海軍の施設となり普段は立ち入る事はできません。
桜は日本人の心を象徴する花です。
「KAMISEYA」という英字に共存する桜並木を見ると戦争と平和を考えさせられます。

[PR]
フォークギターを弾きながら歌える中華POPSのレパートリーが欲しくて練習をはじめた訳なんだけど、生で中国語で歌うのは実に難しいのに気がついた(汗)。

カラオケだとマイクや音響装置があって、少々声量が無くてもそれなりに歌えるんだけど、フォークギター弾きながら生で歌うには声量が必要だ。
これは日本語で歌う時も全く同じなんだけど、中国語で歌ってみると全然勝手が違って、歌ってみて非常に体力を消耗するし窒息する(汗)。

どうも中国語の有気音が原因なのカモしれない。

日本語だと(有気音が無くて)息を出さなくても発声できて歌えちゃう。
(昔、民謡歌手が口の前に立てた蝋燭の火を揺らさずに発声するCMがあったっけ)
ところが中国語の場合、有気音が連続するととても辛くて酸欠になっちゃう。
「chui」「peng」とか、「feng」や「he」「fu」なんかも息の消費が激しい(汗)。
こういう音が連続するとぜーぜーいっちゃう。

肺活量や発声方法が違うのか、生まれ付いての習慣になっていて苦にならないのか?
京劇や于文华のような歌い方だと息を出さないで発声しているようだけど。
考えすぎだと思うが、謎。
[PR]
今年も航空ファンの季節がやってまいりやした~。
c0073377_21102810.jpg
↑厚木米海軍基地の保存展示機、F14トムキャット(ダイヤモンドバックス)。
~厚木基地桜祭り2007. で撮ったこぼれ写真~

冬の間ぢっと深い眠りについている航空ファン、この時期になると航空シーズンの到来っ!と、わさわさ目を覚ましだします。
んで、日本の航空関係イベントの幕開けはこの厚木基地の桜祭り。
今年は4月6日(日)のようです。今年も行くぞ~。

んで、Googleアースで厚木基地を見てみますと・・・。

駐機エリアにずらりと並んだF/A18ホーネット(or、スーパーホーネット)と、
画像左上にはEA-6Bプラウラが3機。
この画像だと私にゃホーネットかスーパーホーネットか見分けがつきません・・・。
ホーネットもプラウアも可愛く翼を畳んでます。空母艦載機の特徴です。

トップの写真のF14トムキャット。
ネットでみると日本で現存するトムキャットは、この一機と横須賀基地にあるもう一機の
二機だけらしいです。

E-2Cホークアイもやっぱり翼を畳んで駐機してます。
背中のお皿型のレーダーが特徴です。こうしてみると飛行機に全然見えませんなぁ。

基地をじろじろチェックしてたらこんな所に飛んでいるヘリを見つけました(笑)。
よくわからないけど、4枚ローターで配備中のヘリからするとSH60シーホークかな?

さて、今年の天気はどうでしょう?去年は滅茶苦茶寒かったのよね・・・。
[PR]
永い永い眠りから目覚めたYAMAHAのフォークギター!! びゅーちふぉー!!
c0073377_13214053.jpg
取り急ぎMoonのエレキを修理するか悩んでいた所、あずきちくんが実家にフォークギターを20年近くハードケースに入れっぱなしにしている事が判明。
あずきちくんがこんな素敵なフォークを持ってた事今まで全然しらなかった、、、
てか、当の本人もこのフォークの存在をすっかり忘れていたらしい(汗)。

という訳でさっそくピカピカに磨いて弦も張り替え、弾いてみてビックリ!!
すごく弾きやすいし、倍音も響いてよく鳴るのだよ!!保存状態もよかったのであろう。
古代遺跡で奇跡的に盗掘に遭わなかった宝物を発見した時ってこういう感じ?

あずきちくんの思い出が詰まったフォーク、大切に弾かせていただきます!!
[PR]
by baijinghy0527 | 2008-03-20 13:19 | 音楽 | Comments(2)
c0073377_2021169.jpg
いつもの丘から眺める西のそらが好きです。

[PR]
87年、大学二年の夏休みを利用して北京鋼鉄学院(現在の北京科技大学)に一ヶ月間ほど短期留学してました。この間とてもギターが弾けないのがものすごく辛かったわけですが、留学生寮で仲良しになったバングラディッシュ人の長期留学生の友達が、持っていたクラッシックギターを僕にずっと借してくれました。

あっという間の一ヶ月でしたが、最後は「結束典礼」という修業式と、謝恩会で締めくくりました。日本人留学生、鋼鉄学院の先生、関係者あわせて50人位のイベントだったかと思います。この時の謝恩会で、みんないろんな出し物を企画したのですが、僕はそのギターで弾き語りをしました。歌った曲は長渕剛の「乾杯」。この曲は中国語にカバーされていて今でこそ中国でも有名な歌でしょうが、当時はたぶんまだあまり知られていなかったかと思います。

歌う前、カタコトの中国語で
「これは友達の結婚を祝う歌です。」
「日本語の乾杯(かんぱい)は中国語の乾杯(カンペイ)です。」
という挨拶したように覚えています。
歌詞は日本語で歌いましたが「乾杯」の所だけ「カンペイ」と歌い、サビの所は
「カンペイ~ララ~ラララ、ラララララ~♪」
と最後はみんなで合唱になりました。

ギターや歌を通じてできた、忘れられない大切な思い出の一つです。
[PR]
物心ついた頃から鍵盤楽器に対し、極度のアレルギーというか、コンプレックスというか、
つまり全然弾けなかったのだけど、2~3年位前から少しずつ、かみさんのクラビノーバを
いじっているうちに、なんとなく弾けるようになってきたカモです。

つっかえつっかえ右手でメロディーを、左手でなんちゃってアルペジオやコードを「バーン」って弾くだけ。古典とかJAZZなんかは全然弾けなくて、お気に入りのPOPSを、ギターの弾き語り用の歌本や、C調に編曲した初心者用のピアノ譜をちらちら見ながら自由気ままに弾いてマス。完全自己満足の世界なんだけど、とても気持ちがよいです。

今よく弾いてるのは、一青窈さんのハナミズキ、宇多田ヒカルちゃんのFirst Love、
BoAちゃんのJuelSong、小田和正さんのYes・Noとか。
あ、王菲の棋子も。(←なぜか王菲のピアノ譜持ってる。汗)
やっぱりギターに合う曲、ピアノに合う曲、ってあるね。
ピアノに合う曲とても新鮮。

ハナミズキ、本物が咲く頃までにもうすこし普通に弾ける様になりたいなあ。
今夜も少し弾いてから寝ようっと。
[PR]
by baijinghy0527 | 2008-03-01 22:23 | 音楽 | Comments(8)