<   2007年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

c0073377_18223727.jpg

週末に
部屋の空気が暖かくなるかな、と
買って帰ったチューリップ

「少しでも永く楽しみたいな」
まだ蕾のを選んで



それから三日
もう花弁が開きはじめました


今年も春がやってきます。

[PR]
c0073377_1593229.jpg「Wachi Field」の振り子時計、お気に入りなのだ。

しっぽちゃんが振り子になってて、かわいいのだよ。
かれこれ10年ちょいしっぽ揺れてるのだ。
単三電池一個でがんばってるぞ。

実は小白は無類の猫猫好き!
一時期「Wachi Field」にはまりまして。

カテゴリに「猫猫」追加しようかな、とか~。

[PR]
c0073377_14562930.jpg


今日は旧正月ですネ!!

昔お友達から頂いた北京のお土産
中国結がついた卵型の京劇のお面
(名前、なんていうんだろう?)
デジカメで撮って万華鏡モードでいろいろいじってたら
中華風(?)レース編みみたいになって面白い♪

祝大家春節快楽!!
万事如意!!


[PR]
昔むかぁし、親父が航空自衛隊員だった頃のメモ。英語がびっちり。なんかかっこいい。
c0073377_12251177.jpg
親父が入隊したのは空自が発足してまだ3年目の昭和32年。
「防府基地」で基礎教育を終え「浜松基地通信学校 英語教育隊」を経て「三沢基地」配下、恐山にある「大湊のレーダーサイト」で北部防空勤務につきましたとさ。

発足時の空自は政府が「米空軍に学べ」という方針を打ち出していた通り、常に在日米軍に付いて演習や訓練を受けていたそうな。
勤務中も休日も米軍人と一緒、米軍人相手の Bar に潜り込んで英会話や異文化交流を楽しんだり、青春そのものだったって。(←やはり息子にそっくり)。

入隊して2年頃、空自は急速に立ち上がり、米国も日本の自衛隊を自立化させる政策に変換を始めた。米軍主導の演習も急激に減り、親父にとって楽しみだった米軍人と一緒にいる時間も極端に少なくなり、次第に自衛隊勤務を「つまらなく」感じていったそうな。

親父が自衛隊を辞めたホントの訳(↑)、初めて知って心底おどろいた!!

息子のワタシは「寒くて早起きが嫌だったから」と思ってた。
てか、小白之母からはそう聞いていてて、息子はずーっとそう信じてたのだ。
母親の何気ない一言で父親のイメージがおーきく変わるという、
ちょっと怖~い話になってしまった。。
[PR]
上戸綾ちゃん主演の二夜連続ドラマ、テレビ東京製作「李香蘭」、今みてます。
上戸綾ちゃん雰囲気的にチャイナドレス似合わないのでは、、と思い昨日の前編みなかったけど、今夜の後編みてると、、、上戸ちゃん、中国語の台詞、上手いんでないかい!?

「夜来香」の歌は吹き替えとしても、上戸ちゃん、歌の途中の台詞や、中国語の台詞、、とてもこのドラマの為に一夜漬けや丸暗記したとは思えん。そうとう練習したんでわ。
話すのはゆっくりだけど、発音がきれい。中国語上手いんでないかい!?

上戸綾ちゃん(常盤貴子ちゃんに続いて)このまま中国、香港銀幕界に進出か!?

中日戦争を題材にしたヒューマンドラマの本筋に涙しながらも日本人の中国語が気になる。
[PR]
この手のちっちゃい食玩系、もう買うのはやめよう、と思っていた矢先に見つけちゃった。
c0073377_10445294.jpg
映画「ファイナルカウントダウン」や「トップガン」でもお馴染み、航空ファンの間でも人気が高いF14トムキャット、去年の秋に完全退役しちゃいました。
そのラストフライトを飾った「F14 - VF31トムキャッターズver.」いきなりダブった。
4機まではダブってもいいケドちょっと痛い。
厚木をベースにしてた「F14 - VF154ブラックナイツver.」が欲しいケド全然あたらないし。

生まれ育った浜松で航空自衛隊の機体は見慣れていたけど、18才の頃初めて横浜に来て、上空にTOMCATが飛んでるの見て
「おー!(米海軍の)TOMCATだあああ!ここは日本かあああ!!」
って目を疑いつつ感動したっけ。

童友社のこのシリーズ、「彩色済み」でありながら、車輪やタンクは未塗装。
元プラモ少年の心をくすぐります。墨入れ、フェザリング(汚し塗装)、やり甲斐あります。
今度ジオラマつくろうっと。
[PR]
先日、とある短編映画を見てたら「ピンポンダッシュ」って言葉が出てきた

「ピンポンダッシュって何??」

って、かみさんにきいたら

「え!! ピンポンダッシュも知らないの!?
学校の帰り道に人ン家の呼び鈴を『ピンポーン』って鳴らして『ダッシュ』で逃げる子供の悪戯だよ
ホントに知らないの??」

ってビックリされた


・・・そんな悪戯があること自体ワタシ知らなかったのよ・・・



ネットで検索してみたら「ピンポンダッシュ」を題材にしたゲームなんかゴロゴロでてくるし
Wikipediaじゃ「小学生のいたずらとして昔から有名である」とか詳しい防止策まで書いてあるし

そういえば
以前近所の奥様が、休日の朝に小学生の男の子を連れて
「うちの子がお宅の呼び鈴を鳴らし、ご迷惑をおかけしました」
って謝りにみえた事が有った気がする


おお、、、あれがピンポンダッシュだったのか!!


小学生にピンポンダッシュされるより、休日の朝っぱらからわざわざ謝りにピンポン鳴らされる方が迷惑だったりする

そもそもピンポンダッシュが遂行される時間帯にワタシ家にいないしね


小学生のピンポンダッシュは「悪戯」ですむようだけど大人がやったら「軽犯罪法」に抵触したりするの?
とかどうでもいい事考えだしちゃうのよ
「悪戯」と「軽犯罪」の線引きってどこよ? 
みたいな

ワタシなんかピンポンダッシュしちゃたりしたらY売新聞(朝刊)の神奈川県版に


【39才会社員  ピンポンダッシュの現行犯で逮捕  余罪を追及中】
A署は5日、横浜市A区N町1-2-3、会社員小白容疑者(39)をピンポンダッシュの現行犯で逮捕した。この地区では昨年末より住民からピンポンダッシュの苦情が相次いでおりA署では極秘裏に厳重な警戒態勢をひいていた。調べによると小白容疑者はほぼ容疑を認めているが、同地区では40件以上もの被害届が出ていて余罪について追及している。どれが小白容疑者によるものかの判別に相当の時間を要する模様。



なーんて載っちゃたりして
おいしいけどやらない

夕刊フ◎なんか一面トップで載っちゃったりして
更においしいけどやらない。
[PR]
一部で盛り上がっております「音読ネタ」。

c0073377_10251689.jpg←Youちゃん(小学校一年生)の国語の教科書。

声に出して教科書を読んだ後、
お家の人に◎印と印鑑もらう宿題、これが「音読」。
普段はお母さんがチェックするんだけど、
早く帰った日とかたまに私もチェックするわけで。
Youちゃんは音読がなかなか上手で、大声で姿勢もよろしく真剣に読みます◎

ところが、この音読、突っ込み所がテンコ盛り
子供が真面目に読めば読むほど突っ込みたくなるのが親心というもので♪

You「ライオンの赤ちゃんは生まれたときは、子ねこぐらいの大きさです。」とか読むと、
小白「子猫位の大きさって、何猫の子猫?ペルシャ猫?シャム猫?」とか。

You「ライオンは、どうぶつの王さまといわれます。」とか読むと、
小白「具体的にはどこの国の動物の王様?アラブの王様?雌だったらイギリスの女王様?
あ、服きてないから裸の王様だね。」とか。

You「けれども、赤ちゃんは、よわよわしくて、おかあさんにあまりにていません。」とか読むと、
小白「因みにYouちゃんは生まれた時からお父さんに似てるよね。」とか。
あまりしつこいと、Youちゃん本気で怒り出すのでほどほどにしとく。

~話題はちょっとかわり~

一昨日珍しくYouちゃんが音読するのを嫌がった。「日づけとよう日」の巻きで。
「Youちゃん、どうしたの?」ってきくと
「もう『一月一日お正月』っていうの飽きちゃったよー!もうずーとこればっか、毎日毎日ずーと同じので飽きちゃったよ!」と。
甘やかすつもりはないが、この「一月一日お正月」は少々単調、飽きる気持ちも分かる。
その日は音読免除した。
(因みに「一月一日お正月!」の後、
「和尚が二人で和尚がツー!」というスネークマンショーのベタ突っ込みも忘れずした。)

で、昨日ちょいと担任の先生とお話する機会があって
「今の『一月一日お正月』の音読、いつまでですか?」ってきいてみたら
「え?もう先週から 『あめふりくまのこ』 になってますよ!?」だって。
先週頭、Youちゃんが学校休んでた間、次の巻きになってた模様。

戦後30年間ジャングルにいた小野田さんを思い出したりする。
[PR]
by baijinghy0527 | 2007-02-03 11:31 | 家族 | Comments(20)