<   2006年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

故郷の浜松で健在な父から朝早く電話があった。こんな時間に珍しいな。
c0073377_224367.jpg
「今日は自衛隊の航空祭だ。昨日はブルーインパルスが予行演習してたぞ。」と。
電話で数分話した。口下手な父だが飛行機談義をしている時は饒舌だ。父と飛行機談義している時が一番楽しい。話が尽きない。

小学生の頃、父に連れられて初めて浜松基地に入った時の事をよく覚えている。一般公開していない普通の日曜日、父は当時既に脱隊していたが、父が自衛官だった時のモノクロ写真を持っていって検閲で見せたらすぐ基地に入れた。若い自衛官が基地内を案内してくれた。航空祭では絶対触れられない自衛隊機のタンクにぶら下がってた僕を見て、若い自衛官もニコニコしていた。飛行機好きになった最初の瞬間だ。父をとても尊敬した。

故郷の浜松の海岸線をイメージして、懐かしきF86-BlueとT4-Blueでジオラマ作った。
[PR]
中国語の初歩を学校で習う時、「語気助詞」は殆ど習いません。でも「語気助詞」は会話や口語上ではとても重要だと常々感じてます。

僕は学校で中国語を習ったのは大学の第二外国語と、その間、一ヶ月の体験留学。その間、習った「語気助詞」は(たぶん)「吧」と「呀」だけかと思います。「語気助詞」は奥が深くて教科書や辞書では解説しきれないんでしょうね。実際、大学出るまで「中国語は語気助詞が殆ど無い言語なんだ」と誤解してた位です。

以前、NHKドラマ「大地の子」を見た時、看護婦の「月梅」が恋人の「陸一心」に送った手紙の最後の一文が、詳細にはうろ覚えながらも、とても印象に残っています。

"别难为自己啊."だったか、"好好儿照顾自己啊." だったか。。
「無理しないで、お体を大切にね。」という意味だったと思います。

この「啊(a)」の響きに心が打たれました。この「啊(a)」があるのと無いのとでは、ニュアンスが全然違うんだろうな。女性が思いやりの気持ちを込めて使う「語気助詞」なんだろうでしょう。どうかな?男も使うのかな?
この「啊(a)」、僕がとても好きな語気助詞です。
[PR]
ハワイアンキルトとサボイア君。
c0073377_22514045.jpg
サボイア君、ただいま補助翼と昇降舵の凹凸表現を製作中。コリコリ。
黄色いマスキングテープをサボイア君に貼ってたら
黄色のハワイアンキルト(←妻の手作り)が似合いそうな気がして
とりあえず息抜きに記念撮影を、と。

今週はライブの後遺症かなぜか全身筋肉痛、肩もコリコリ。

[PR]
今時のライブハウスってこんな感じ、綺麗だな、カッコいいだな、自分も演りたいだよ~。
c0073377_23124522.jpg
この手のミュージャンって昼過ぎにライブハウス入りして「おはようございます~、初めまして。今日は宜しくお願いしますー。」みたいなノリの人達多いのよね。今回のメンバーも、ドラムはケラ様と初対面だったそうだ。「間奏は二回リピート?エンディングはジャカジーン、ドン!ってしようよ。」とか当日のリハで決めたりね。この手の一発合わせのライブ大大大好き。間違えてナンボや!みたいな。

有頂天ってシンセの比重が滅茶苦茶高いのよ。今回「ノー・シンセサイザーズ」の名の通り、有頂天の曲中心だが、基本的にシンセなしのユニット、ケラ様もかなり歌い辛そうだった。イントロからなんの曲かわかんなくて、歌に入れなくて曲止めちゃったり、歌詞ぶっ飛んで「うにゃうにゃうにゃ~♪」とかなっちゃったり。(私もキーボードなしのバンドでギターやる時は誤魔化し効かなくて辛い)。しかしそこは下北の神様たる貫禄と余裕、テンションはあがる一方ね!! おぢさんがバンドで味が出るのは40過ぎてからだよ。
ケラ様、若い頃やTVドラマのイメージと全然違ってて、謙虚で、観客の子供にも気配りしいの、すっごく面白くていい人。すっかりファンになっちゃった。

妻は、ステージ前でケラ様と一緒に大声で歌いながらピョンピョン跳ねてた模様。
後で妻に聞いたら勝手に体が動いてしまったらしい。恐るべし、下北の神様。
[PR]
by baijinghy0527 | 2006-10-22 23:09 | 音楽 | Comments(15)
c0073377_151278.jpg下北サンデーズの舞台にもなった本多劇場で、記念撮影。
小白、しっかりお登りさんです、ハイ。
この日、「ノー・シンセサイザーズ」ていうユニット名(?)で、ケラがボーカル、メンバーの殆どが(元)有頂天という企画バンドのライブがありまして、「こんな激しいライブに妻が行くのはまだ無理!」という懸念に対し「絶対行きたい!」というケラマニアな妻の願望に負け、行ってきました。

(まあ、妻の病いには、本人がやりたい事を少しずつするのが一番の良薬なのだが、品庄コントライブの次はケラだよ、ケラ。)

因みに、わたくち、ライブハウスの聖地、下北に行ったのは生まれて初めて(恥)。
下北、思ったより年齢層が幅広いし、こじゃれた店ばかりで居心地よくて面白いね~。c0073377_22382674.jpg
本多劇場のすぐそばにあるライブハウスCLub Queの階段で入場待ちの頃からテンションあがっちゃうし。既にライブハウスのあの匂いがしてるし(嬉)。後、あのワンドリンク制っていうのがいいんだよなぁ~。ワンショットバーコーナーで、お決まりの生ビールをオーダーして開演を待つ間、いいいなぁ。
生ケラを20年数年ブリで真近でみたい妻は、かぶりつきで陣取ってるし・・・。私は一番後ろの壁に寄そりかかって生ビールを飲みながら、しみじみライブハウスの空気を味わいながらオープニングアクト(前座バンド)を待つのでありました。
[PR]
by baijinghy0527 | 2006-10-21 21:59 | 音楽 | Comments(2)
久々にチョコエッグオリジナルペイントの巻き。
c0073377_22303164.jpg

最近、エールの交換しちゃってますd-dackさんのブログで、E-2CのCAG機(空母搭載指揮官機)の写真にえらく感動して、チョコエッグのE-2CをCAG機ペイントに挑戦!!

c0073377_20493287.jpg←もとはこれ。

プロペラに赤、白、塗って、
鼻の頭に白十時いれて、、
写真だとよくみえないけど
右翼と、首下にシリアルナンバーの600も描いて。 緑、黄色、赤のラインはこの小いささにはしんどい。

c0073377_20495026.jpgお皿の松明模様はマスキングテープで→
何度も重ね塗り~。
ピンセットも駆使して肩が凝る。
原色系のペインティング、難しいのよ。
毎晩コツコツ、製作期間一週間。ふぅ。

写真、もうちょっと綺麗にとりたいけど、
早くお披露目したくて、とりあえず。
飛行機っていいな♪

[PR]
近所にはハナミズキの街路樹がたくさんあります。

c0073377_13503099.jpg
一青窈ちゃんの「ハナミズキ」が
大ヒットするまで
ハナミズキの「花」すら
よく知らなかったけど
こんなに真っ赤な実をつけるんですね。

小鳥達が喜んで集まってきそうです。

もともとは米国から贈られてきた
日米友好のシンボルツリーなんだけど
すっかり日本の秋空にも溶け込んだ

そんな秋のハナミズキです。



おまけ:ハナミズキの花はこんな感じ↓
http://baijinghy0.exblog.jp/m2006-04-01/#3817807
[PR]
ワタシの会社はIT企業で、職種は協力会社の営業の窓口的な仕事をしてる。週に何件も日本企業は勿論、中国系企業からの訪問があり情報交換をしてる。

新規で中国人の営業さんや社長さんが訪問される日は楽しみだ。
先方は流暢な日本語で話すのだけど、こっちはわざとカタコトな中国語で「ニーハオ、ヲチャオバイジン、チンドーカンチャオ」(こんにちは、小白と申します、よろしくお願いします)」とか言ってみる。すると、「小白さん!中国語お上手ですね!」とミエミエのお世辞で褒められる。ちょっと面白いので、またカタコトで、「チンジン(どうぞ、お入り下さい)」「チンヅオ(おかけ下さい)」とか言うと、更に「すばらしい!中国語、完璧ですね!」とまた褒めちぎられる(^^;

暫く日本語で商談をするんだけど、雑談モードに入ると本気で中国語で話しかけてみる。

「○○社長は中国のどちらのご出身ですか?日本にはもうどれ位ですか?(←中国語で)」
一瞬お相手は「え?(汗)」みたいな表情になって「ハルビン出身です、ハルビン、知っていますか?」先方も中国語モードになる。中学時代には731に関する文献や資料を読みあさっていたワタシ、ハルビンの事、知らない分けはない(爆)。「ええ、もちろん知ってますよ。」とさらっと答えたりする。それからは、これまでの中国語の学習暦や中国に関する思い入れ、仕事に直接関係ある事、ない事、いろんな事を中国語で話す。もうお世辞でワタシの中国語を褒めない(よし!)

殆どの場合、先方は親近感を感じて帰られ、その後のコミュニケーションもスムースだ。今の日本IT業界では、中国系IT企業との協業が不可欠な構造。間接的ではあるが、中国語が仕事でも役に立っております。
[PR]
久々に余りものでこさえる簡単手作りお料理ネタ。
c0073377_0111114.jpg
さっと茹でた新鮮なジャガイモと玉葱の細切りをオリーブオイルで狐色になるまで炒めたところで、パラパラご飯を加え、塩、黒胡椒を豪快にまぶし、市販のスパゲッティー用のカルボナーラソースを絡めて下ごしらえ完了。バターを塗った器に盛ったら、とろけるチーズを乗っけて軽く焦げ目がつくまでガスレンジで5分焼き上げて、庭に咲いてるミントの葉っぱを添えてハイできあがり!和洋中、ワタシの作るのは常にビールに合うお料理ばっかり(汗)。
[PR]
by baijinghy0527 | 2006-10-09 14:20 | 料理 | Comments(6)
三連休、快晴ナリ。幾多の試練を乗り越えて(ほぼ)下地完成(嬉涙)。
c0073377_1658154.jpg
本日、湿度も気温もほどよく、サーフェーサ(下地剤)を塗るのに絶好の秋晴れ!!
模型は下地が命。どんなに仕上げで綺麗な赤を塗っても下地が粗いと台無し。
下地剤をスプレーした後は、表面、ザラザラしてるのよ。
この後、#1500のペーパーで磨く作業がしばし続く。

[PR]