<   2006年 08月 ( 18 )   > この月の画像一覧

かみさんの手作り、お気に入りのキルトバック。
c0073377_1362218.jpg
ああ、ブログはじめる前まで全然知らなかったけど、ヨーヨーキルトもくっついてる!
ヨーヨーキルト、名前覚えた!優しい色合い、小白も大好きでございます。
[PR]
ちょっと気になっていたので実家に電話してみたら、親父殿、結局桂林ツアーに申し込んだらしい、ああ、よかった。
もう70近い父だが、体力&お小遣いが許す限り、あちこち見て周ってほしい。最近は少し耳も遠くなりつつ、得意の英語も聞き取りにくくなったようだがそれでも今も毎週近所の英会話教室に楽しく通ってる。息子が言うのもなんだが父の発音は抜群にいい。

若い頃は野宿も平気なバックパッカーだった父だが、今回の桂林ツアーは日本人の添乗員付きの10人ほどのツアー、まあ、それはそれで安心。(ちなみにワタシは今も野宿平気!)
ポケットサイズの中国語会話集も買ったようだ。僕に電話で中国語の数字の数え方やきいてくる。 日本人通訳が同行してても、やはり親父殿の性格からして筆談でもなんでもいいから現地の中国人と直接交流したいんだろう。

「上海経由で行くんだったら航空博物館でMig15に触れるらしいよ、触ってきたら。」って言ったらめちゃくちゃ悔しがってた。どうも時間制約的にそこまでは寄れないらしい。残念。

楽しい中国旅行になることを祈っておる。
[PR]
小西真奈美ちゃんがブレークしております。
c0073377_21133923.jpg
おもわず、「まるちゃんカップ讃岐UDON」とか、「アサヒぐびなま」とか購入しちゃった。映画「UDON」も面白そうだな。こうしてみるとカップうどんも発泡酒もうまそうだよね。
まさに小西ちゃん所属事務所の思うどつぼ。

小西ちゃん、女性からみた好感度、どうなんだろう?
ワタシ的には、毎週楽しみな「「ココリコミラクル」で、ドSキャラやら、オドオド系キャラやら、そつなくこなしてる小西ちゃん、密かに応援してたりする。
[PR]
サボイアくんのフロート、全面作り直していい感じになりますた。満足、満足。
c0073377_163563.jpg

支柱はまだパテ研磨前。この先、ペーパーで研磨してとりつけます。
この夏休み、本命のサボイア君作成の傍ら、Daiちゃんに「零戦」「F4」のプラモを作成指導、いったいこの親子は夏休何をやっているのやら・・・。完全インドア派、である。
[PR]
お庭のサルビアに、ひらりひらり蝶々がやってきます。
c0073377_16382153.jpg

蝶々、滅多に撮れない。てか、撮れたのは初めて(喜)。
ずっと狙ってました、合成写真じゃないよ(爆)。

蝶々、すぐ飛んでっちゃうのよね、全然ピントあわないし、望遠や一眼じゃないし。。


蝶々、名前が分からんので、Youちゃんに昆虫図鑑で調べてもらったら
「べにしじみ」カナ?(謎)。

なんとなく秋が近づいてきたのかな、って感じの落ち着いた色合いであります。
[PR]
by baijinghy0527 | 2006-08-25 23:23 | 家族 | Comments(10)
F4-EJファントムⅡ(1/72スケール)のプラモ製作中。
c0073377_23365916.jpg
といっても、Daiちゃん(9歳)がコツコツ貯めたお小遣いで購入(爆)。
田宮社のはDaiちゃんには若干高価な為、某国産他メーカのを購入。
品質的にはイマイチ、だが、、修正しがいがあって面白い!!(←人生前向き)。

Daiちゃんに、パーツとパーツの隙間のパテ埋め、ペーパーがけを伝授。
更にキットでは車輪が着陸状態しかできない所を、飛行状態に改造チュ。
だんだん高度テクを・・・伝授中。  結局高くつく(爆)。

例によってお父さんが夢中になってる、、、、いかんいかん、、
[PR]
西の空に映る森、クレーンが伸び、宅地開拓が進んでいるようです。
c0073377_18462198.jpg
休日夕日を眺めに行く裏の丘も、宅地開拓が進み新しいマンションできつつあります。
この丘の畑で撮った梅の花も伐採されて無くなっていました。
この梅の花の写真、これがきっと最後だっただろうな。
マンションが建ったら、この丘から西の空を撮れなくなるかもしれないな。
[PR]
横浜、保土ヶ谷区の丘陵地に外国人戦没者の墓地があります。
c0073377_17575948.jpg

外人墓地といえば横浜山手の外人墓地が有名ですが、僕は静かなこの地が好きです。
c0073377_1742629.jpg
ここは山手の外人墓地とは異なり、第二次世界大戦中に、旧日本軍によって捕虜となった旧連合軍の軍人や民間人が日本まで強制連行された後、過酷な強制労働による過労、栄養失調、病気、収容施設で旧連合軍の空襲や爆撃により亡くなった「戦没者」の墓地です。第一次大戦中のお墓が一つあり、終戦後、米国占領下となった日本で無くなった軍人の区域もあります。

c0073377_182899.jpg
一般にも開放され自由に入れますが観光地化されておらず、時折スケッチや散策する人をみかけるだけです。

いつも芝生が美しく手入れされていて、墓標脇に季節の花が咲いています。

イギリス、オーストラリア、インド、パキスタン、ニュージーランド、カナダ、アメリカ、オランダの犠牲者の霊が眠っているそうです。

この区画は、インド、パキスタンの区域。戦後60余年たった今、敵対している両国の犠牲者も同じ墓標の元で葬られていました。

墓標には様々な国の言葉で、犠牲者の名前、国籍、所属、命日、享年が刻まれています。
c0073377_18281474.jpg

ご家族や愛する人を想い、故郷の土を踏めず無念の内に亡くなった方々の白い墓碑が十字架に見守れるように整然と並びます。
c0073377_18154095.jpg
ご遺族がこの地までお墓参りにくることはあるのでしょうか。
この地を訪れる度に、二度と戦争を繰り返してはいけないという念に包まれます。
[PR]
by baijinghy0527 | 2006-08-18 23:04 | 家族 | Comments(2)
コンビニで発見!麻雀チロルチョコ!もちろん即ゲット了。
c0073377_142151.jpg
恐らく国内では初めてではないだろうか、麻雀チョコ。
チロルのホムペでチェックしたら、なんと人気ありすぎて生産が追いつかず、すでに発売中止になった模様。麻雀チョコ収集マニア之潜在的需要和存在、、、恐るべし。
早く見つけてよかった・・・。麻雀コレクションに追加了(喜涙)。

中身の方は杏仁豆腐味。さっぱりしてておいしゅうございます♪
[PR]
昼前、野暮用があって父に電話をしてみたら、父はたまたま一人で中国桂林の格安ツアーに申し込もうか迷っている所だった。

「桂林は治安がいいか?小泉さんの参拝で影響はあるか?」と父にきかれた。
「桂林、外国人はお客さんで来る観光地だし、治安は問題ないんじゃない。それに、小泉さんが参拝しようがしまいが、基本的に反日感情は多かれ少なかれいつでもどこでもあるよん♪安心して行ってらっしゃい。9月18日までには帰ってきてね。あ、9月11日に飛行機乗るのは気をつけて。」と答えた。さり気なく父を脅す悪い息子である。

戦後61年経っても平和な日はなかなか来ないのである。

さて、父は桂林ツアーを申し込むだろうか。私としては是非行ってほしいが。
[PR]