<   2005年 06月 ( 21 )   > この月の画像一覧

タイトルの「工作」は、中国語の工作(gong zuo)じゃなくって、
日本語の工作(こうさく)であります。
c0073377_12372240.jpg

最近は「工作」って単語みると、日本語での意味の「こうさく」よりも、中国語での意味の「おしごと」って意味を先に連想しちゃう(汗)。

寝不足続き、夜更かしやめてとっとと寝ればいいのに、夜中何かしたくなるのはなぜでせう?現実逃避だ(笑)。
でも、物作りって楽しいのよね。完成した時よりコツコツつくってる間が楽しかったりする(わら)

今度はバドワイザで空き缶工作に着手。。これ一旦始めると当面寝不足は続くのだ。。
[PR]
みたっ!
製作期間五年で「憧潔」の出番は25秒。。。
どうしたものか。。
[PR]
夕涼みに水撒きしてたらちっちゃい虹が♪
c0073377_23495367.jpg
てなわけで写真(↑)撮りながら「高中正義」氏の名アルバム「虹伝説」を思いだした!!思わずさっきCDを引っ張り出してジャケットしみじみながめちゃった。七色のゴブリン、懐かしいなぁ。高中氏は日本のソロギタリストの草分け的存在で、僕達フュージョンギター小僧の憧れだ。「Blue Lagoon」って曲、聴けば誰もがきっと「聴いたことあるある!」って思うでせう。

そんでもって「打ち水にRainbow」っていう「スクエア」というバンドのアルバムタイトルを思いだした。このアルバムはユーミンがプロデュース、インストながら曲名はユーミンが命名という異色&お洒落なアルバムだ。ジャケットの赤い水上飛行艇(しかも赤い複葉機!!)が素敵でずっと部屋に飾ってたっけ。高校時代LPの溝が擦りきれる程聴いた聴いた。
「スクエア」はその後「T-SQARE」って名前かえて、F1グランプリのフジTVの中継テーマ曲「TRUTH」が大ヒット。

普段「白ノリ」では歌謡曲や中国Popsの話題が多いけど、実はこの時代のフュージョンが僕のバンド人生の原点で、たくさんコピーしてバンドで演奏してるのであります。所有CDもこの時代からのフュージョン系のが一番多いのであります。

あ、「渡辺美里ちゃん」の「虹をみたかい」も昔バンドでやったけ。チョッパーベース(←死語か?)がかっこいい曲♪
直近では平原綾香ちゃんの「虹の予感」も好きっ!

この辺の音楽ネタ、尽きまへん♪
[PR]
by baijinghy0527 | 2005-06-25 17:56 | 音楽 | Comments(6)
c0073377_11581855.jpg
ようやく水、なれてきたかな。
ネオンテトラず五匹、昼間は群れてて可愛い♪
フインガーファイブみたいだ(汗)

[PR]
宇多田ピカルちゃんの Autmaticのカバー「情不自禁」が入ってる「陳彗琳(Kelly Chen)」の「酔迷情人」っていうCDを北京のお友達が人づてで送ってくれた♪

多くのみなさんのご協力で、この曲を断定、CDも入手できました(感謝、感謝!)。
「風花雪」「花花宇宙」は入っていないので、これは引き続きリサーチ中。

うーむ。それにしても原曲より中国語版の方が耳当たりがよく聞こえるのはワタシだけであろうか。Kellyの國語の発音、すごくききとりやすいし。 真好聴ネ!
[PR]
今日の昼休み、職場の北京人のお友達と「花様年華」のお話をしました♪

僕は「作晩我看了花様年華,我頭一次看了"張蔓玉"出演的電影.」(昨日の晩、「花様年華」を見たよ。"張蔓玉"が出てる映画、見たのは初めてなんだ。)と彼に話しました。
そう言いながら、心の中で、「あ"、『蔓玉』の四声、間違えたカモ。。」と思ったら、案の定「小白さん、それじゃ、『鰻魚』ですよ~」と指摘が。(^^;;;

中国語には「四声」っていう独特の高低があってやっぱり難しい。「蔓玉」も「鰻魚」も発音は「man yu」。でも四声は違う。「蔓玉」はman4 yu4、「鰻魚」はman2 yu2。
(しかも「魚」は多音字で単独では「魚yu4」だ。)
(↑この一文、大間違いにつき、削除!!)

中国語でお喋りする時、故郷の名産物「うなぎ(鰻魚 man2yu2)」を紹介するのに慣れた僕は、つい「蔓4玉4」と言おうとしても、口癖で「鰻2魚2」と言ってしまう。下手すると、「張zhang1」も「長 zhang3 chang2」って言い間違えると「マギーチャン」が「長いウナギ」になってしまうのよね(汗)。 これが中国語の難しくも面白い所である!!

※「張蔓玉」は、「2046」にも出演してる香港の名女優「マギーチャン」の中国名であります。
[PR]
「2046」DVD買ったけどまだ見ておりませんー。というのは、「2046」を見る前に、同じ「ウォンカーウェイ」監督の「花様年華」をみるべし!と思ったからで、その「花様年華」今見終わりましたぁ。(マギーチャンや、トニーレオンが動いてるの見たの初めてカモ) まったりとしたコントラストが濃いめの「ウォンカーウェイ」ワールドですなぁ。

「2046」は雑誌とかで断片的に知っているだけだけど、なるほど、思いっきり「花様年華」の続編っぽいね。「花様年華」の中で「2046号室」がでてくるし。なるほど、なるほど。先に「花様年華」みてよかった~。

さて、「2046」はいつ見よう? こうしてまた今週も寝不足に。。
[PR]
ようやく「水合わせ」も終えて、新人グッピーちゃん、放流(?)したらピチピチ泳いでる。水温も26度に落ち着いた。。テトラちゃんずも点呼したら5匹ちゃんとピチピチしてる。
ちかれたび~
c0073377_0301164.jpg
最初はテトラちゃんず5匹で群がってたんだけど、今日昼頃から、ばらつきはじめた。。
これって、大丈夫かしら?  心配しすぎかなぁ。<自分
[PR]
c0073377_862654.jpg昨日小型のネオンテトラ5匹と、グッピー2匹(♂)、水草少々買って来ました!
ところが、グッピー1匹は水槽に放した時から元気なくて、最初は水面でクチぱくぱくさせてて、夜になると底でじっとしてて、、今朝みたら、動かなくなってた(泣)。お庭に埋めました(合掌)。

他の子達は食欲旺盛で元気一杯なんだけど。写真のキンちゃん(仮名)なんか、今朝も元気元気、水槽狭しと泳ぎまわってるのに(お店でもこの子は見るからに元気だった)。
個体でこんなにも差があるのって少々とまどい中。。

しかしネオンテトラ、可愛いな、5匹で群れてる、受不了~。(たまんない~。)
[PR]
銀色一色だったチョコエッグのF86Fセイバーを「Blue Impuls ver.」に色塗り本日完成!!
個人的に最も思い入れが深い機体だけに、コツコツと丁寧に塗りました。しみじみ。
c0073377_2240019.jpg
戦時中零戦パイロットだった兄に憧れて航空自衛隊に入隊した父を持ち、浜松航空自衛隊基地の近郊で生まれ育った僕は、物心ついた頃から航空ファンになってました。
浜松基地と言えば、空自が誇るアクロバットチーム(=曲技飛行隊)「Blue Impuls」の発祥の地でなんです。発祥当時はF86Fセイバーという60年代に主流だった米国製の戦闘機をアクロ用に改造した機体を運用してました。通称「ハチロクブルー」と呼ばれ今では伝説となりつつあります。
そんなわけで、土日祝日を除く毎日毎日、13時頃になると基地の上空では、純白のスモークを炊いたハチロクブルーが20分位かな、、演習飛行をしてるのをいつも小学校の窓から見上げてました。いろんな隊形での編隊飛行や、宙返り、錐揉み飛行、等々、、

毎年11月3日には浜松基地で「航空際」が催され、家族でお弁当もってブルーの展示飛行を見に行くのが楽しみでね。この「航空祭」では虹色のカラーのスモークでアクロを披露します。このカラフルな演出は世界中でもBlue Impulsだけ。さすが手先が器用で繊細な日本人の気質が生かされた演出なんだな、これが。
c0073377_2240284.jpg
F86Fが老朽化して世代交代の波には勝てずラストフライトをみた時は泪でちゃった。
「ありがとう、ハチロク」って題で小学校の文集に詩を書いたっけ。しみじみ。
[PR]