<   2005年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧

話は遡るけど、結婚記念日の晩は予定通りチャンツーイ主演の「我的父親母親」(邦題:初恋の来た道)を夫婦でみました。 かみさんと純中国系の映画を見たのは初めてであります。
ウチのかみさんは、まだまだ療養中、静養が必要の身だけど、当日は結婚記念日10周年、朝から晩までノリノリ過ぎで、お喋りしながらDVDみました(笑)。妻は普段はもの静かな女性ですが、ノッてる時はシュールな突っ込みをかまして笑わしてくれます。

さて、「初恋の来た道」、都会から田舎の小学校に赴任してきた「先生」に一目惚れしたチャンツーイ演じる「ディエン」が、先生の朗読を毎日そっと小学校まで聞きにきたり、生徒達と下校する「先生」にばれないようにそっと追いかけて木陰から見つめるシーンが続きます。僕が早くも目頭が「ウルウル」してくると、横から、かみさんが、「これって、今風のストーカーか?(ぼそ)」とか突っ込んだりして。(^^;;

そのうち村に文革の波が押し寄せ、急遽「先生」が街に馬車で連行されます。「ディエン」は手作りの水餃子を陶器のお椀に詰め、必死で山道を追いかけます。
それを見て、かみさん「あー、そんなに走ると、転ぶぞぉ~、転ぶぞぉ~、、、、、あ!! 本当に転んだ(爆)」「あ!! しかも器わってるよ、あ!!髪飾りまでなくして、あーあ、いわんこっちゃない、まさに践んだり蹴ったり!! 」と。。。。。ここは泣き所なのに(--;;

そのうち、さすがに朝からノリノリすぎて「ディエン」が大雪の中で先生の帰るのを待つあたりには完全にバテてしまったかみさんであった(苦笑)。

まったくシュールなかみさんである、そこがワタシとなんだかんだいって長年続いた秘訣か(笑)。
[PR]
c0073377_23121022.jpg
我高中时候,在我的故乡附近为了促进中日本友谊开了一个”兵马俑展览会”.虽然现在的日本”兵马俑”已经有名了,不过当时乒马俑一点也不有名,我也通过那个展览会的广告头一次知道它了. 一看那个广告我就觉得什么他们都叫我,我就想要去”兵马俑展览会”.不过对于高中生的我没有火车费也没有票费,去不到了.

有一天发生了一个大事件.因为那个展览会的防备不够,有一个精神失常的日本人把一个俑倒破坏了.知道那个消息我就吓了,其实当时我还对中国没什么特别的感觉的,不过我怕中日关系更不好. 这个本来好不容易为了中日友谊的活动,太遗憾了,我怪日本的那个防备体制.不过中国对这个事件的态度非常关容,一点也不怪日本.中国和日本决定了两国齐心协力恢复那个被怀的俑了.这个令我吃惊.
过了一年左右后,我看了报纸又吃惊又高兴了.那个被怀的俑完全修好了.其实怀疑真的能修改它的我感动极了.
那时候我决定了,以后考上了大学的话我开始学习中文,去西安,亲眼看”兵马俑”.过了3,4年后,那是87年的夏天,我的愿意实现了.很多很多的乒马俑在西安欢迎我,我跟他们终于能见面了.
c0073377_23123998.jpg


日本語訳:兵馬俑の思い出 ~西安との不思議な縁~
[PR]
F4、F14に続いて、小白のダブったチョコエッグに色を塗っちゃおう!!シリーズ第三弾は、
F18ホーネットです!!

高価で維持費もかかるF14の後継機として、安価で機動性も非常に高く、攻撃機にも転用できるメリットもあり米海軍で採用され、米海軍基地のある厚木、横須賀が近い横浜上空でもよくみかけます。
c0073377_15525411.jpg
↑写真手前:ご存じ世界最高技術レベルのBlueAngerls ver. 現在のBlueAngelsはこのF18をベースにしてます。
↑写真奥:米国ネバダ基地所属の仮想敵国迷彩ver. 米軍のTop-gun-fighter育成に、敵機役の教官が操縦する機体です。
c0073377_15531156.jpg
↑写真手前:厚木基地所属 VFA-192 Golden dragonsのCapten機ver. 垂直尾翼に金の龍のイラストと機体横の「Golden dragons」のロゴが眼をひきます。
↑写真奥:同じくVFA-192の通常機。地味ではありますがバリバリ実用タイプですね。

ちなみにF4編はこちら
ちなみにF14編はこちら
[PR]
今日は、改めて一年に一度、今まで出逢った方々に、そしていつもいつも支えてくださっているみなさんに感謝の気持ちを込めて心から御礼をする日です。
一期一会を大切に、これからもよろしくお願いします。
c0073377_3341695.jpg
そして、今は家族の健康をただただ祈りつつ、今日からまた新たな一年のスタート、強く生きていきます。
[PR]
by baijinghy0527 | 2005-05-27 00:00 | 家族 | Comments(12)
帰りたくないと魔がさした 暮れていく道
色の中の渦 寂しくて 墨絵のようにいた
のぼる時も 落ちる時も 人は怖がるもので
振り向かない 疑わない 無邪気しかないと知る

流れてるか まだ泣くものか
この街中がこらえてる 
たくましさに やられないよう
右の頬を叩いてみる

同じ言葉 話してても 通じない人がいる
笑った眼の ゆきずりでも わかりあうことがある

帰りたい 帰りたくない
この街中がこらえてる ただ静かな灰になるまで
自分らしくいきていく

lyric 只野菜摘  song by 鈴木トオル 

[PR]
by baijinghy0527 | 2005-05-26 00:11 | 音楽 | Comments(4)
香港映画、Anna Madelina(安娜瑪徳蓮娜)、たった今見終わった!
金城武が主演の映画は初めてみた。 陳彗琳郭富城の映画見たのも初めて。(だって広東語わからないもん)。金城武がピアノの調律師っていうのも、コシロはドキドキ。
エンディングの字幕みてたら、袁詠儀張國榮古巨基まで友情出演ででてるのね。
古巨基はどこででてたかわからんかった(没出息→自分)。)
(因みにみに「古巨基」と一昨年新宿で握手したコシロ←自慢になるか? 

映画の中で「八婆」って言葉おぼえちゃった。あーあ。

非現実的な世界と現実、小説の中の世界が交錯した世界。夜中ライチ酒を飲みながらリラックスできた。陳彗琳のイメージがすごく変わった(好きになった)な。
今まで陳彗琳はモデルっぽくて、どちらかというと日本のCMなんかじゃ「酷(cool)」で冷たいイメージだったけど、コミカルな役柄で三つ編みも可愛くってお茶目で可愛かったっす。
c0073377_115019.jpg

[PR]
もう少し結婚記念日の余韻に浸らせて下さいネ (^^ゞ

新婚旅行では「インド洋に浮かぶ珊瑚礁の首輪」と呼ばれる「モルディブ共和国」の中にある、歩いて一周15分程で回れる「ビリバル&ビアデュー」という小さな珊瑚礁の島で一週間程ゆったり過ごしました。
「モルディブ」はダイバーの憧れの島であるそうですが(←帰国後知った)、僕達夫妻のようなダイビング素人が、シュンーケリングでも十分に珊瑚礁は勿論、自然のままの鮫、蛸、海亀、鰺の魚群、高速ボートを追いかける飛び魚、そして刻一刻と変わりゆく夕日、南十字星を堪能できました。とにかく、こんな楽園が地球上にあるのか。。
時計と靴がいらない島だ。
c0073377_22543623.jpg
↑純白の砂浜 青い海 青い空 高く高く伸びた椰子 (&かみさん(笑))


c0073377_21325661.jpg
↑インド洋に沈みゆく夕日をバックに謎のアングル、、、

またいきたいなー。
[PR]
by baijinghy0527 | 2005-05-22 23:18 | 家族 | Comments(2)
昨日は朝から2人で10年前挙式をした山下公園に近いホテルのチャペルを覗いてみました。
前日のチャペルの写真は、そのチャペルなんです。
お昼頃には日本の西洋文明開化の発祥地「横浜市中区山下町70番地」の中心にある老舗の洋食レストランで軽くランチをしました。ここは「結納」をした懐かしの場所なんです。優しそうな初老のウエイトレスさんに「今日は結婚10周年記念日で結納をした思い出に来たんです」と話すと、オリジナルのレーズンクッキーをプレゼントしてくれました♪

ランチの後は「山手」界隈を散策しました。
c0073377_11104418.jpg
↑「外人墓地」記念館にあるステンドグラス。

c0073377_1817217.jpg
↑「旧イギリス領事館」のリビング

c0073377_1814673.jpg
↑「港が見える丘公園」

c0073377_11204468.jpg
↑「大佛次郎記念館」


横浜は浪漫溢れる素敵な港町
夫婦の会話もはずみささやかな記念日となりました。


写真館にようこそ♪
[PR]
by baijinghy0527 | 2005-05-21 11:29 | 家族 | Comments(2)
c0073377_10142992.jpg
日付はかわって、今日はなんと結婚十周年日。 まあ、よくここまで続いたなぁ、というのが正直コシロ夫妻の感想。決して平坦な道のりでは無かった、ハイ。

結婚記念日に夫婦でみたい映画ってなにかあるかな、ってふと考えたら、すぐ思い浮かんだのが中国映画、チャンイーモウ監督、チャンツーイ主演の「我的父親母親」(邦題:初恋の来た道)だなぁ。 生涯純愛の夫婦愛、家族愛、簡素な台詞に映像も美しく、うん、もう一度妻とみよう。
日本や欧米の映画ではピンとくる映画ないな(汗)。

みなさんはどうですか?結婚記念日にお薦めの映画、あるかな?
[PR]
by baijinghy0527 | 2005-05-20 02:28 | 家族 | Comments(15)
最近お仕事が充実してきたっす。適度なやる気が心地よい。
4月から新しい部署に移って、新人に返ったようで楽しい
毎日のように職場で中国の話題が出る、これもよし!。
このまま新しいセクションで軌道に乗れたらいいな、と。ノリノリまであと一歩。
c0073377_23503086.jpg
ウチの裏の丘の上から夕焼けに映える飛行機雲。(昨日撮影)

こんな風にスーっといけたらよいな、家族と共に、我が人生!

[PR]