エア・フェスタ浜松2008.      ~地上展示機ウォッチ編~

航空祭では自衛隊保有機がずらりと展示されています。
c0073377_5295825.jpg
(↑)航空自衛隊の主力要撃戦闘機F15イーグル。
僕が初めてイーグルを見たのも20数年前の浜松基地。当時まだ自衛隊はイーグルの導入前で、米空軍機が嘉手納から飛来したものでした。浜松基地を歩いていると、子供の頃の記憶も蘇ります。



普段は浜松基地に配備されていない機体も、地方の基地から応援に駆けつけます。
c0073377_21251955.jpg
(↑)F2支援戦闘機。日米共同開発された世界トップレベルのハイテク戦闘機。
海上で敵から見えにくい碧い迷彩が美しいです。
c0073377_2142285.jpg
(↑)F4ファントムⅡ要撃戦闘機。F4も徐々に退役が進んでいますが、僕たちの世代では永遠に人気No1の戦闘機でしょう。
c0073377_21544083.jpg
(↑)T-4ブルーインパルス。朝から美しい隊列で午後のフライトに備えます。ブルーを楽しみに航空祭に足を運ぶギャラリーも多いでしょう。浜松基地はこのようにブルーも間近で見れることができます。
c0073377_2213277.jpg
(↑)C-1輸送機、三保基地開設50周年記念塗装機。
軍用機とは思えないカラフルな特別塗装にみな注目です。
垂直尾翼をよく見てみて下さい! 何か見えますよ!?
c0073377_2213235.jpg
(↑)本日の目玉おやじ、ゲゲゲの鬼太郎が一反木綿に乗って空を飛んでます!!
このC-1はゲゲゲの鬼太郎の原作者、水木しげる氏の故郷、鳥取県境港市にある三保基地の所属です。それにちなんだ特別マーキング、というわけです。
通称「C-1鬼太郎スペシャル」!

展示機はまだまだたくさんありましたが、人気機種をピックアップしてみました!!
[PR]
by baijinghy0527 | 2008-10-06 05:30 | 飛行機と大空 | Comments(0)