はじめての・・・。

TVから「ハナミズキ」が流れてきた。
画面に目をやると「一青窈ちゃん」が「行列の出来る法律相談所」に出演していた。
「歌番組以外で彼女を見るのは珍しいな、」と思っていたら、彼女がカンボジアの小学校へ行って歌を教えるという企画のためだった。

彼女が着いたカンボジアの小学校の様子を見て少々驚いた。
校舎は木の柱に屋根と黒板、机と椅子があるだけで壁が無い。これはまだ想像できる。
小学校は3年生まで。それ以上学校に通いたい子は同じ授業を来年もまた受ける。
先生も少なく教科は国語と算数が殆ど。音楽の授業は殆ど無い・・・。

この小学校で一青窈ちゃんが数日間滞在し、音楽の先生になるというのだ。



「ドレミファソ~」から教えるのかな?と思ってたら、窈ちゃん先生は、「歌を通じて自分の気持ちを誰かに伝える事のすばらしさ、大切さ」みたいな事を、子供達へ熱く語っていた。
(なんだか「ウルルン紀行」みたいだ。)

続いて窈ちゃん先生は、彼女の楽曲の作曲を多く手がけるマシコタツロウ氏の生ギターをバックに「もらい泣き」を歌い始めた。

(小白的には「ハナミズキ」を歌って欲しいがTV的には「もらい泣き」なのか?
実は窈ちゃん自身も「ここで『もらい泣き』はないだろー、」とか思ってないか?
しかし、なんて贅沢な取り合わせだろう。
ハチ公前でやったら、ものすごい事になるぞ、事前に渋谷警察署へ届けが必要だな。)
とか思いながら見てた。

サビになったところで窈ちゃんが手拍子を始めた。子供達も真似をして手拍子を始めた。
のだが、みんなの手拍子が見事にバラバラだ。
子供達の手拍子がバラバラなのは、日本の曲のリズムに慣れていないからと思った。
が、「子供達は手拍子をした事が無く、生まれてはじめて手拍子をした」というのである。

「音楽は万国共通、手拍子も万国共通、これ常識!」と思っていたがそうでなかった・・・。

子供達の表情も、笑顔だったり、戸惑ってたり、一人ひとりバラバラだった。
番組の中では最後まで手拍子がそろうことはなかった。
「番組の中では最後まで手拍子がそろうことはなかったが、手拍子がそろう頃には皆の心も一つになるだろう。」
と、お決まりのナレーションが入るぞと期待したが、これは入らなかった。

「世界には手拍子の無い地域がある事に強烈なカルチャーショックを受けた事。」
を書きたかったのだが、なんだか訳がわからなくなってしまった。

あ。
もしかしたら、カンボジアにも手拍子はあるのだが、この地域では小学生位までは
手拍子をする機会がない、のカモしれない。

うーん、とりあえず吃驚したし、感動した。
[PR]
by baijinghy0527 | 2008-09-14 10:39 | 音楽 | Comments(4)
Commented by haru at 2008-09-16 22:08 x
私の通ってた小学校は村に子どもが少なくて二年に一度募集を掛け、11,3,5年生か2,4,6年生しかいなかったし、1,3年生は同じ教室で授業を受けてました。先生が3人ぐらいで一人がいくつもの科目を担当してました。

手拍子が揃わないのは、たぶん音楽のリズムがつかみにくかったかも。

少なくともわたしの小さい頃、一青窈さんの歌を聞いたら、
「元気がない歌」って印象だったかも。

「みんなの歌」とかなら手拍子しやすかったかな。
Commented by baijinghy0527 at 2008-09-17 09:26
○haruちゃん、貴重な体験談、本当にありがとう!!
haruちゃんのコメント見て、「日本のどの辺の話だろう?」って思う人も多いんじゃないかな。(日本語完璧だから。これは当時の中国の東北地方の話ね)

そういえば日本でも過疎の村で児童が少なくて、違う学年の子が同じ教室で習うところもあるなぁ。(カンボジアのこの学校では60人位はいたけど)

>手拍子が揃わないのは、たぶん音楽のリズムがつかみにくかったかも。

それも一理あるある、うむ、うむ。
確かに「もらいなき」はリズムつかみにくいし、元気が無い。
因みに1,2,3,4の四拍子の2,4拍目で打つ手拍子でした。
少しアップテンポで跳ねてたし、初心者やお年寄りにも難しい「裏拍」ですね。
(でもかっこよかった~)

>「みんなの歌」とかなら手拍子しやすかったかな。
うむ。普通(?)はまずは「幸せなら手を叩こう」で練習するかな(笑)。

彼女は、この経験を元に子供達と一緒に歌える曲を作りたい、と「はじめて」っていうタイトルの歌を作って番組の中で披露したんだけど、これがまたよい曲だが非常に難しいのだよ(^^;

Commented by hanako_mama at 2008-09-19 09:57
<世界には手拍子の無い地域がある事に強烈なカルチャーショックを受けた事> この主旨が伝わってきますよ、少なくとも私には。
そういえば お手てパチパチ、とか教えてくれたのは幼稚園の先生ではなくて母親だった気がしますね。じゃその母は誰から?とズーっと辿っていくと最初に手拍子を叩いた人を見つけられるかも!(ならイイね^^

彼女がそういう企画に参加したことを初めて知りました。

Commented by baijinghy0527 at 2008-09-20 13:36
○花子ママさん、こんにちは。なんか書いている間に焦点がボケボケになりました。
(^^;
手拍子って自然に覚えるものではなくて学習して覚えるものなんでしょうね。幼稚園生が「結んで開いて手を打って結んで~♪」なんてのも手拍子の基礎練習カモ。
手拍子のルーツ、お祭りの拍子やカーニバルのサンバやラテンのリズムみたいのは伝統行事、風習に根付いて自然に、でも、やっぱり体得して覚えるものだろうな、とかいろいろ後から考えました。

>彼女がそういう企画に参加したことを初めて知りました。
「カンボジアに学校(校舎)を建てよう」っていう同番組のボランティア活動企画の一環ですた、ハイ。