Googleアースで遊ぼう。 ~中国巨大文字編~

Googleアースをベースにサーフしていたら、乌鲁木齐(ウルムチ)の東南東の辺りに

毛主席万万岁!(毛主席万万歳!)

の巨大文字が有るのを知った。「万岁」の後にしっかり「!」がついてるし。

もしかして他にもあるカモ??と思って、この周辺をじっくり探してみたら、あった、あった!
雰囲気的に、毛沢東語録の中の名言や標語だろうと想像するのだけど、この巨大文字の存在、今まで全然知らなかった・・・。

只争朝夕(只争朝夕)
为人民服务(為人民服務)
向头争中学习(向闘争中学習)
排除万难去争取胜利(排除万難去争取勝利)

最初の「毛主席万万岁!」以外は自分で手探りで見つけたぞ。
(決して暇なワケではないが・・・。)

うむー。
いつ頃、誰が、誰に、どんな目的で作らせた(作った)のかネットで調べても分かんない。

★後のコメントにて、danmeiさん&皆さんのご協力でこの巨大文字は柳泉樹飛行場を取り囲む演習空域を上空から確認する為に作られた標識の様子!!
[PR]
by baijinghy0527 | 2008-01-23 23:26 | 中国と中国語 | Comments(19)
Commented by uedadaj at 2008-01-24 14:55
すっ


すごいぞこれ。
文字が歪まずにちゃんと見えるということは、
これ絶対、地上じゃなくて空から見るためにつくってるぞ。
まさかググア見る人に対してとも思えないけど、
たとえば飛行機とか、スペースシャトルとか?

ひさびさに感動びっくりでした。
以前、ググアつかった広告キャンペーンのことをブログに書いたけど、
私んとこにはググア使える環境がなくて(涙)なんでした。
でもこーゆーの見せられるとやっぱ使いてー!
Commented by uedadaj at 2008-01-24 16:35
もう少しあるみたいですね。
このページの下の方に書いてあります。
http://www.77215.com/2wbbs/printpage.asp?BoardID=7&ID=25307
Commented by baijinghy0527 at 2008-01-24 22:09
○uedadaパパさん
関連ページのurlご紹介、ありがとうございます!

実は自分で手探りで探し終えた後、知ったのですが、中国のネット上では、この手の地上巨大文字を紹介したページ沢山ありますですね、、、(いや、でも自分で探し出すのがまた面白いところだ!<自分に言い聞かせる)

日本人のブロガーさんにも、この中国巨大文字に着目されている方々をお見受けするけど、中国語簡体字が読めなく苦心されている方も。。。
Commented by baijinghy0527 at 2008-01-24 22:10
○uedadaパパさん(遡って続きっ!)

>これ絶対、地上じゃなくて空から見るためにつくってるぞ。

中国のブログやHPには「軍のパイロットが飛行中、自分の飛行位置を目視で確認できるよう、この巨大文字を作った」という解説がされてるのが見受けられますね。(公式な説かは不明だけど)
特に人口建造物が殆ど無い広大な荒涼地帯に、この手の巨大文字が見られたり、この「毛主席万万歳」の近くに軍用らしい滑走路があるのもうなずけますわ。

しかし、飛行位置確認の為に毛主席の標語を用いる所とかすごいなー、とまた吃驚しちゃいます。標語の内容も、軍の士気高揚的なものばかりだし(汗)。
Commented by baijinghy0527 at 2008-01-24 22:45
えーと、、、この巨大「毛主席万万歳」の存在を知った時、文革時代、下放された人達が労改で作った物か!? と思いました・・・。
Commented by danmei at 2008-01-24 23:11
danmeiもそのサイトまで見に行きました。
でも、なんか後で貼り付けた感じしました。 
勘違いかもしれませんが、
でも、疑問1.向闘争中学習:これは中国語は成立してません。もし「在头争中学习」は中国語らしいですが。。。
疑問2.その字のフォントはまったく同じみたいで、(パソコンで作ったような感じ)、どうやってその山脈までに?
疑問3.「毛主席万万歳」は20代30代の人でも知ってますが、正しいのは「「毛主席万歳、万万歳」だと思います。
疑問4:サイトの上にこんな表示はあります:「*GOOGLE EARTH は Google Inc. の登録商標です。当サイトはGoogle社とは関係のない個人が運営しています」
ますます信憑性が。。。
たんなる、私の意見ですが。。。
Commented by pake_93 at 2008-01-25 00:02
ホント、これすごいね!
あまりにすごすぎて嘘っぽく見えるけど、字が欠けてるところもあるってことは、やっぱり本当に書かれているってことよね…。
こういうことをやってしまう感覚というのがいかにも中国らしくもあり…。
(北朝鮮あたりもやってそう…)

uedaパパの紹介してくれたサイトから探してみました。
http://maps.google.co.jp/maps?t=h&hl=ja&ie=UTF8&ll=27.868036,99.69787&spn=0.001826,0.003616&z=18&om=0
Commented by baijinghy0527 at 2008-01-26 23:21
○danmei!
僕もdanmeiみたいに、ネット上の情報が画像を見てその信憑性を検証するっていうスタンス大好き!! これだけ情報が溢れて技術が発達すると素人でも簡単に編集や捏造できるもんね。あるいはグーグルアース社の遊び心か??

というわけ、僕もdanmeiの疑問に検証開始っ!

続く。
Commented by baijinghy0527 at 2008-01-26 23:31
>疑問1.向闘争中学習:これは中国語は成立してません。もし「在头争中学习」は中国語らしいですが。。。

僕、このスローガンを訳そうとしたんだけど「向」が不自然で訳せませんでした。普通は「向雷锋同志学习(雷鋒同志を見習おう!)」みたいに使うでしょう??なんか外国人が書いた中国語か、はたまた設計者の誤設計!?ってお思いました。(誤設計だったらかなりネタになるが)
Commented by baijinghy0527 at 2008-01-26 23:32
>疑問2.その字のフォントはまったく同じみたいで、(パソコンで作ったような感じ)、どうやってその山脈までに?

確かに中国の他の地域にある巨大文字に比べると、際立って鮮明、且つ、フォントが非常に正確ですねー。
山脈や高低差があると思われる地帯に、高空からみる事を計算してこれだけ正確な文字が描けるのか、謎。ただ、文字が文字の上に道路らしきものが写っていたり、もし後から合成したとしても、陰つけたりコントラストを合わせたり、かなり凝ってるわ。
Commented by baijinghy0527 at 2008-01-26 23:32
>疑問3.「毛主席万万歳」は20代30代の人でも知ってますが、正しいのは「「毛主席万歳、万万歳」だと思います。

この疑問については僕はわかんない。
「毛席万歳」っていう標語はよく見ますが、「毛主席万万歳」というのはここで初めて僕はみましたです。うーん。
Commented by baijinghy0527 at 2008-01-26 23:39
>疑問4:サイトの上にこんな表示はあります:「*GOOGLE EARTH は Google Inc. の登録商標です。当サイトはGoogle社とは関係のない個人が運営しています」

あ。これはdanmeiちゃんの勘違いじゃないかな??
たぶん、danmeiちゃんは「RECO SPOT ON EARTH」っいう個人の方が個人的に運営しているHPの冒頭のご了承文をみたんじゃないかな?

*******

一番気になるのは「疑問1」、「 『向』 闘争中学習」の不自然さですわ。

danmeiちゃんか誰か、帰省の機会のついでに実際に自分の目で確かめてきて~
かなり軍事演習エリアぽいか近づけないか。。。
所々に空爆後のクレータらしきものがあるし・・・。
Commented by baijinghy0527 at 2008-01-26 23:59
○pakeぴー
お帰りなさいませ~。
中国通のpakeもこれら巨大文字知らなかったん??
ググアができてから知られるようになったのかなあ。
pake、中国に滞在している間、本当にあるか、見てきてくんない?
ウルムチ行とかの旅客機からでも見れないかな。見れたら感動するだろうな。岩肌に直接ペンキで塗ってるのだろうか・・・

北朝鮮で探してしてみたらでてきたね、ハングル意味わからんが(爆)。

>uedaパパの紹介してくれたサイトから探してみました。
おお。。。全然読めない文字があ。。。寺院界隈に多そうね。
飽きませんわ。
Commented by danmei at 2008-01-27 07:38
中国のサイトの説明では:
“毛主席万万岁”在新疆喀什与吉尔吉斯斯坦接壤的边境线附近。
卫星地图上出现的“毛主席万万岁”等5条标语信息,为原第八航校官兵在戈壁滩上创造的奇迹,这些环绕机场的“语录”地标,可以帮助飞行员保持空域位置,引导教、学员准确进出空域,地标所在区域的中心点,便是柳树泉机场。其中一角还有一条废弃跑道。因为柳树泉机场地处戈壁,附近没有明显的地物特征!飞机都是设备简单的初教机,导航设备简陋,所以就弄了语录地标。

見に行きたいです。自分の目で試したいですね。

面白いGoogleアース 。
Commented by baijinghy0527 at 2008-01-27 10:49
○danmei
やっぱりこの頁の解説でも、中国軍のパイロット育成用の「柳樹飛行場」の空域を示す為、って書いてあるね。標語の位置も、四つは飛行場を囲んでほぼ四角形の位置と、「為人民服務」は飛行場のほぼ東にあるし。
しかし、この「柳泉樹飛行場」の形もものすごいわ。
http://maps.google.co.jp/maps?ie=UTF8&om=0&t=k&hl=ja&ll=42.556115,94.217892&spn=0.018461,0.046177&z=14
こんなX型の滑走路の飛行場、他に見たことないし。
風向きがよく変わりやすい地域なのかなあ。

danmei、見てきて~
Commented by danmei at 2008-01-27 20:25
小白さんへ
見に行きました。
すごいですね!

ついでに自分のお家と会社も見ました。
お家はちょっと雲ではっきり見えませんでしたが、
会社ははっきり見えました。

ありがとう。
Commented by danmei at 2008-01-27 21:23
danmeiのN年前の大学:→http://www.earthol.com/fun-1-school-lnu.html
実家:なかなか見つからないので、悔しい。時間がかかりそう。
Commented by baijinghy0527 at 2008-01-27 23:38
○danmei
>見に行きました。
↑一瞬、本物を生で見に行ってきたと思っちゃった(^◇^;
この飛行場、知らない人がみたら、宇宙人との交信基地かなんかだと思っちゃうカモ。

自分のお家や会社を見るのも楽しいよね。
ウチは、実家もはっきりくっきり写っております。
時々衛星写真更新されているようだから、たまに見てみると雲が無くなって綺麗に写っているカモ~。
>ありがとう
不謝、不謝!
Commented by baijinghy0527 at 2008-01-28 00:00
○danmei

ああ。danmeiは瀋陽の学校を卒業されたんですね。瀋陽といえば、いまだにまず「艾敬」を思い出します。

↓小白がN十年前、一ヶ月程短期遊学してた大学(爆)
http://ditu.google.com/maps?f=q&hl=zh-CN&geocode=&q=%E5%8C%97%E4%BA%AC%E7%A7%91%E6%8A%80%E5%A4%A7%E5%AD%A6&sll=40.028666,116.350107&sspn=0.024909,0.048838&ie=UTF8&ll=39.989747,116.353927&spn=0.
高速道路や地下鉄ができてて様変わりしているんだろうなぁ。

中国国内で探している場所が人工衛星の写真で見つからない時、最初に、この地図で位置を確認した後、人工衛星の写真と見並べながら探すと見つけやすいよ。もっといい方法あるだろうけど・・・。