吉田拓郎 & かぐや姫 Concert in つま恋

この秋、31年ぶりに行われた 「吉田拓郎 & かぐや姫 Concert in つま恋」のドキュメンタリーを 放映しているのをたまたま見つけて録画できた。何度も見ている。
そして「吉田拓郎」を自分がリアルタイムで聴いてなかった事が悔やまれる。

「つま恋」といえば、80年代多くのForkやPopsシンガーを生み出した舞台。当時この手の音楽やバンドをしている人間にとっては憧れの聖地でもあり、メジャーへの登竜門だ。

この日の主役は勿論「拓郎」だが、「拓郎」の呼びかけに「かぐや姫」も一日限りの再結成となり、「妹」「お父さん」、イルカの名曲「なごり雪」を丁寧に歌い上げている。
「拓郎」の長年の友人「ムッシュかまやつ」、つま恋でのコンテストで優勝してデビューした「中島みゆき」もゲストに参加。ドラムには初期の「拓郎」には欠かせない「島村英二」氏も。こんな面子、二度と見れないConcertだ。

c0073377_9431165.jpg
観客の平均年齢も40代後半だったとか。夕暮れ時からアンコールまで大人達が涙を流しながら「落陽」や「今日までそして明日から」を熱唱してる。子共連れも少なくなく、その子達が、この日のConcertを胸に、また、次の世代へ「吉田拓郎」や「つま恋の空気」が受け継がれるのだろうな、と。
[PR]
by baijinghy0527 | 2006-12-26 16:38 | 音楽 | Comments(0)