父と息子が一緒に写った生涯唯一の写真

去年の暮れ、「写真物語」という特別番組が放映されました。

私のブログに来てくださっている皆様や、番組をご覧になった方々から
コメントやメールを沢山頂きました。

本当にありがとうございました。

明日、10月6日(土)13:30からフジテレビで再放送されるようです。.

私の祖父は伊豆大島で生まれ育ちました。
戦前、「絶海の孤島」と言われた伊豆大島に産業を興そう、観光客を呼ぼうと、
当時、島になかった製材所を作り、旅館を建て、島民と力を合わせ島の繁栄に尽力した一人です。
一本気の通った職人気質の強い人間です。


祖父母には八人の息子がいました。私の父はその七男です。

祖母には子宝に恵まれない親類がいて、ある日祖母は複雑な思いで祖父に相談し、
次男を養子に出します。それは祖母が祖父への最初で最後のお願いでした。

そんな時代の中、太平洋戦争が始まり、養子に出した次男は出兵しました。
次男の出兵の日、祖父はいつもの神社から海を眺めていたといいます。

養子に出した次男は海軍の予科練を経て優秀な零戦搭乗員となりました。


終戦を迎えるわずか四ヶ月ほど前の事です。

戦艦大和の海上特攻の初期護衛に飛んだ日、雲上で待ち伏せをしていた米軍機の大群と
激しい交戦の末奄美大島の上空で撃墜されその短い一生を終えました。

その訃報を知った私の祖母は、まだ幼少だった私の父が心配する程何日も何日も部屋に篭り
一人泣き続けていました。

一方、祖父はその日も黙って仕事に向かっていました。
祖父は仕事に打ち込む事で少しでも、少しでも、
息子を亡くした悲しみを紛らしたかったに違いなかったと思います。




戦後幾年か過ぎ日本は平和となり、伊豆大島にも多くの観光客が訪れるようになりました。
祖父は、海を見渡せるいつもの神社からそんな島の発展を見つめていたそうです。

戦争で亡くなった次男の死を
島の誰もが忘れてしまった頃

祖母は他界しました。




私の父は、

「親父があんなに泣く姿を見たのは初めてでした
それこそ親父がお袋の亡骸を棺に入れられるのを、阻止したような
そんな姿をみた気がします」

とその時を振り返ります。

祖父は長年静かに連れ添ってくれた妻を亡くし、一人になりました。

そして、祖父は息子が戦死した奄美大島へ旅に出ます
リューマチで不自由な足を引き摺りながら。

祖父は、島を出る時、
「もしかして戦死した息子を知る人に誰か一人でも声をかけられないだろうか」
という思いを込め、息子の遺影を大きく引き伸ばした写真をリュックに貼り付けていました。

c0073377_2173759.jpg

周囲の人から奇異な目でみられても
かまわない

会えるはずのない息子をさがす父
頑固な父がそれまで堪えていた
大切な息子への思い
様々な思いが入り混じった後姿

そんな噂をききつけた
地元のカメラマンが撮ってくださった






父と息子が一緒に写った
生涯唯一の写真です。

2006/12/27 写真物語。
2006/12/31 写真物語。祖父の回向。

[PR]
by baijinghy0527 | 2007-10-05 20:19 | 家族 | Comments(32)
Commented by why at 2007-10-05 21:48 x
映像を見たときの感動が蘇って、また泣けました。

胸を打つ写真です。
Commented by しゃお at 2007-10-05 23:19 x
切ないですね。
大切な人を失う悲しみは、どうしても心から離れてくれず、
それを目の前に突きつけられると胸がつまりますね。
明日の番組、ビデオに録画してみようと思います。
Commented by ちさりき at 2007-10-06 09:35 x
立派な方だったのですね。
家族愛があるからこそ世のため人のため・・
うーん、日本語なのに上手く説明できない。語彙の少なさが情けない。
番組、きっと見てみます。
Commented by at 2007-10-06 09:35 x
写真物語で検索したらここにたどりついた
元気だった? 
私はあなたのいとこです
誰だか名前ですぐに想像つくと思います
1文字足せば・・・(笑

Commented by 花うさぎ at 2007-10-06 14:41 x
今しがた、テレビで拝見しました。

感想は言葉になりません…。

寡黙な方だったからこそ、こういう姿に心打たれるのでしょうね。
Commented by qianxun-b at 2007-10-06 15:05
中国に来て初めて涙した出来事がこのドキュメンタリーを観た事でした。
悲しくて悲しくて、二度とこんな父と息子の物語を繰り返してはいけないと思い、でも写真の後ろ姿から父の息子に対する絶対的な愛情が感じられます。
わたしはまだ親という立場にたったことが無いのですが、
親の子を想う気持ちってこういうことなのでは、と、
写真物語の話の事を考えるたびに思うんです。
Commented by tubomim at 2007-10-06 15:40
小白さん:13:30前にちゃんと戻ってきて、テレビの前で拝見させてもらいました。番組が終わっても このドキュメンタリーがまだ胸の中で続けています。
あの親子が一緒に写った生涯唯一の写真はなくなった伯父様もどこかでご覧になられていらっしゃるでしょう。きっと親の気持ちが感じられたと思います。常に親の胸に生きていらっしゃるから。映画ではなく、真を写った写真だからこそ尚人々を感動させたでしょうね。
素晴らしいお爺さま、お父さまだと思われます。それは小白さんのブログ記事やコメントの中からも伺われます。
素晴らしい写真物語に感謝します。
Commented by baijinghy0527 at 2007-10-07 00:56
○whyさん
この番組、夜中一人で何度も見ていますが、その度胸が熱くなります。
この伯父の写真、今も伊豆大島の生家の欄干に大切に掛けられているのではないかと思います。
やはりうまく言葉にできない、です。

Commented by baijinghy0527 at 2007-10-07 01:04
○しゃおさん
番組、ご覧いただけたでしょうか・・・。
祖父が好きだった神社からの光景は伊豆大島の岡田港です。僕も子供の頃はよく素もぐりをしました。
今では羽田や竹芝からも手軽にいくことが出来るようになりました。
もし、大島に行く機会があったら、そっとこの物語の事を思い出していただければ、と思います。
Commented by baijinghy0527 at 2007-10-07 01:08
○ちさりきさん
祖父、伯父、父の事を書こうとすると、僕もなかなか指がうまく動きませんです。
Commented by baijinghy0527 at 2007-10-07 01:13
○花うさぎさん
昨年の暮れに放映されて時は、花うさぎさん旦那様と帰省されていた頃だったでしょうか。言葉や文字にしようとするよりも一枚の写真の方がずっと重みがある、そんな感じです。
祖父も父も本当に寡黙で、いつも僕も、背中を見て育ったような気がします。この写真、そんな祖父の姿をよく思い出させてくれる一枚、です。
Commented by baijinghy0527 at 2007-10-07 01:17
○ 海ちゃん
すごい久しぶり、最初誰かと思っちゃった。Y-海ちゃん、だよね。 
おじいちゃんが亡くなったとき、海ちゃんがおじいちゃんへ作りかけの草鞋をお棺に入れたの、今もよく覚えてる。
久しぶりに連絡するね。

Commented by baijinghy0527 at 2007-10-07 01:23
○はまG
人の世には、時代や国に関係なく絶対的、普遍的に変わらない大切なものがあるんだ、って思わされます。自分もいつの間にか父親になり、息子達がこの先大きくなった時、自分の事をどう感じるか、恥じないようにしっかり生きていかないと、と思い起こされます。
Commented by baijinghy0527 at 2007-10-07 01:31
○tubomimさん
あぁ、間に合ってよかったです。いつも多くの人に思いやり、気遣いのつぼみさんに、この写真の物語をみていただけてよかったです。
父と息子の思い、言葉にできないものって必ずあると思います。僕は父親としてはまだまだ、本当にまだまだですが、父や父の兄、祖父に恥じないように生きていかなければ、そんな気持ちになります。
Commented by T.Fujimoto at 2007-10-07 02:23 x
こんばんは。
番組を拝見させて頂きました。背中に背負っていたのは、写真と、長年胸にしまっていた様々な思いでしたね。

キーストンも、もちろん知っていた話でしたが、感動しました。番組の紹介、ありがとうございました。
Commented by baijinghy0527 at 2007-10-07 09:05
○T.Fujimotoさん
こんにちは。コメントありがとうございます。キーストンのお話もあってT.Fujimotoさんにお知らせしたかったです。間に合ってよかったぁ。

戦争を体験された世代の方々は、同じように長年胸にしまった辛い思いを背負っていらっしゃるのでしょう。家族を思う大切さと共に語り継がれていく事、大切にしたいと思います。
Commented by つぼみ at 2007-10-07 12:11 x
餃子会の後に お子さんのおててを写った写真
のそばにお書きになったコメントはすごく印象的で暖かいお父さん(小白さん)の視線と微笑みが映されていますよ。
Commented by uedadaj at 2007-10-07 13:23
あー、
番組見たんですが、
言うべきことは皆さんにおおかたかかれてしまひましたXD

でも、他の写真はだいたい有名なやつだよね。
Commented by 花うさぎ at 2007-10-07 16:17 x
昨年、この番組のことを小白さんが書いてらっしゃった時は、たぶん家にいました。
年が明けてすぐの子供2人の受験で、気持ちが落ち着かなくて、見逃してしまいました。

父親の愛情は、母の愛情とはちょっと違うかもしれませんね。

「息子さんがなくなったときにも、仕事をしていた」というのも、私、分かるような気がするんですよ。働く母だからかな。

子供への愛情にひたっていたいけれど、そうもいかない時ってありますよね。

きっと、大島の方たちの期待も、家族の生計も背負っていたから、自分の感情は、胸にしまってしまわれたのでしょう。

最後の旅も泣けましたけれど、そのあたりも、責任感が強い、実直な人柄がしのばれて、しみじみと感動しました。
昔のお父さんは、そういう人が多かったですよね。
Commented by puripuri at 2007-10-07 16:34 x
昨日は朝早くに出掛けるので、ビデオセットしておきました。
前回、再放送とも、見ていて涙がとまりません。
おじいさま、おばあさま、おじさま、、、黄泉の国で会えましたよね。
そして小白さん達を見守っていらっしゃるでしょう。
子が親よりも先に逝く、、悲しいです。
Commented by しゃお at 2007-10-07 21:09 x
今日、ビデオで拝見しました。
おじいさまの心中を思うと、胸がつまりますね。
言葉になりません。
Commented by baijinghy0527 at 2007-10-08 08:03
○つぼみさん
おはようございます。
次男のYouも益々生意気、腕白で手を焼いてますが、寝顔だけはいつも可愛いものです(笑)
餃子の会からもう半年近くなりますね。早いですね。
http://baijinghy0.exblog.jp/5981750/
Commented by baijinghy0527 at 2007-10-08 08:23
○uedadaパパさん
パパさんもご覧いただけましたか(^^)
こういうビデオ(今はDVDか・・・)、結婚式とかで流す用のメモリアルDVD作ってくれるところよくあるじゃないですか。本当、フジさんにいい映像作ってもらえちゃって感謝です。親父もとても喜んでるし。

9.11やカンカンの写真とかみたことあったですかな。
Commented by baijinghy0527 at 2007-10-08 08:23
○花うさぎさん
父親と母親、違いますね。

戦時中で生活も苦しかったと思うし、今思うと息子の戦死に人前で泣くっていう事も絶対できない世相だったかとも思います。

母方の話ですが、祖父(母の父)に赤紙が来て出兵する時も、家族が泣くと非国民だと言われ、祖母も母の兄弟も、出兵の時も必死で泣くのを堪えていたそうです。
Commented by baijinghy0527 at 2007-10-08 08:30
○puripuriさん
疲れちゃった時、夜中、一人でこのビデオ見返すことあります。
ああ、親に心配かけてばかり、しっかりしないといかんな、と思います。
昨年の時に続いてコメントありがとうございます。
Commented by baijinghy0527 at 2007-10-08 08:38
○しゃおさん
おはようございます。このお話、祖父の生前には聞く事はなかったんです。TVでこの写真を取上げて頂いたおかげで祖父母、伯父のいろんな事を知ることができました。言葉にできない気持ちで一杯です。
ありがとうございます。
Commented by pake_93 at 2007-10-08 09:32
この放送があった時間は丁度上海に着いた頃…、またもや見られませんでした。そのうちDVDで見せてねー。
第二弾もあったということは、かなり反響があった番組だったのね…。
Commented by baijinghy0527 at 2007-10-08 09:41
○pake
無事、上海に着いたようで、おかえりなさいまし。
昨年末の放送、深夜帯って事を考えても反響多かったみたい。
我が家も、もう何年も会っていない従兄弟やハトコからも白ノリで再会できたし・・・。
天国のおじいちゃん、おばあちゃん、たけしさん、ありがとー。
Commented by MOUSE at 2007-10-08 21:56 x
胸が苦しくなる思いです。
ワタシも小白さんと同世代でしょうか?父が8人兄弟の末っ子。
一番上のお兄さんが特攻隊としてフィリピンに突撃、消息は何もありません。今は亡き祖父母は戦争のことを多くは語ってくれませんでした。
Commented by ami at 2007-10-08 22:55 x
前回、拝見させて頂きました。
もう一回見れればと思っていたので大変楽しみにでしたが、
残念なことに私の所はローカル放送で放映なしでした。
でも、今でも鮮明に覚えています。
それだけ人の心に訴えるものがあると思います。
だから、再放送されたのでしょうね。
デジタル放送で撮りたかった。。。  残念
Commented by baijinghy0527 at 2007-10-14 10:33
○MOUSEさん
世代的には、ほとんど同じかと。ちょとだけ僕が上かな。
戦時中の事はわからない事が多いですね。伯父の事も戦時中で軍事機密の事もあり、わからないことが多かったです。
父も祖父のように、戦死した兄を知る戦友や上官を訪ねてまわった時期がありました。
Commented by baijinghy0527 at 2007-10-14 10:33
○amiさん
昨年の放送のときに続き、コメントありがとうございます。
今回、この記事を書いたあと、ここのアクセス件数が普段の数倍程にあがり、番組の反響も大きかったようです。
また折り見て連絡しますね。