日本丸。 ~総帆展帆(そうはんてんぱん)~

船内の天井にも、こんなに素敵なステンドグラスがあります。
c0073377_18325434.jpg

星座に囲まれた日本丸。船内は歴史の重みを感じる空気に包まれてまして。

アナログ時計や羅針盤、真鍮のドアノブ、手書きの海路図、
嵐で揺れても食器が落ちないよう工夫された食堂棚や、
大海原で緊急手術もされた医務室、、、
写真に残すのも忘れて一つ一つ見入ってしまいました。

c0073377_18331159.jpg

(↑)船首の三角定規のような三枚帆。
僕の一番好きなポイント。ぁあ、、均整のとれた美しさカナ。

c0073377_18333187.jpg

(↑)無料の展望台から日本丸の全景(後姿)を眺められます。

c0073377_18391062.jpg


(↑)太平洋の大海原で船員さん達はこんな風に大空を見上げていたんでしょう、きっと。

今年の「総帆展帆」の予定日は、あと
6月24日、7月16日、8月5日、8月26日、9月17日、9月30日、
10月21日、11月4日、11月25日の9回。

いずれも日曜 or 祝日です!!

http://www.nippon-maru.or.jP
[PR]
by baijinghy0527 | 2007-05-29 23:56 | 飛行機と大空 | Comments(14)
Commented by T.Fujimoto at 2007-05-30 23:14 x
こんばんは。
優しい色使いのなかにも力強さが見え、素晴らしいステントグラス!
現代の作品ですか?細かい帆索のところも鉛?いや、いずれにしても、気が遠くなるほど精巧な細工に違いなく、凄いです。
Commented by chinamama377 at 2007-05-31 11:40
こんにちは!
  
 昨日「白色」はどんな風に表現すればいいかなと思っていました。今この絵を見てちょっとびっくりしました。
 オレンジ色は何を表現しているのでしょうかね。絵全体寂しくならないように加えたのでしょうか、それとも力を入れたたかったのでしょうか?海からみたら、星空を夕焼けはそういうふうに見えますか?
 私は大陸の生まれなので、海の経験が少ないのです。いつか船があまり揺れない季節に乗ってみたいなと思っています。
 
Commented by linyaynil at 2007-05-31 15:23
大海原で緊急手術と読んでびっくり。
船医はなんでもできなきゃいけないんですねぇ!
Commented by YAMAKINO at 2007-06-01 19:19 x
横から、帆船情報です。
6/2,3「東京海洋大学」越中島キャンパスの学祭なんですが、
展示している「明治丸」の中を見れる(説明もしてもらえる)と思います。
こちらの展示品も結構面白かったと記憶しています。
お近くの方、興味がある方、どうぞ!
Commented by yukidarumajp at 2007-06-01 22:23
いい写真ですね。
光がマストから零れ落ちて、幸せをおすそ分けしてもらってる感じがする・・・いいな~これ。
Commented by ami at 2007-06-01 23:14 x
今日、室蘭に日本丸がいます。
明日、出港だそうです。
港町っていいね。。。
わしの所は、四方が山です。 盆地ですから。。。 
おてんとさんが海に沈む景色は見れません。。。
Commented by baijinghy0527 at 2007-06-02 12:53
to Fujimotoさん

こんにちは~。このステンドグラス、たしか船室の「士官サロン」の天窓にありました。 日本丸自体、1930年~1984年まで実用された練習船なので、恐らく、古い時代のステンドグラスのはずです。Fujimotoさんも是非一度船内をごらんになられたら、と思います。僕も初めて船内に入りましたが、独特な空気に何度もため息がでました。
Commented by baijinghy0527 at 2007-06-02 13:47
to chinamamaさん
こんにちは。餃子パーティーの時、お会いしているかと思います。こちらへも遊びに来てくださってありがとうございます!!

夕方、ゆっくり沈んでいく西の空を眺めていると、水平線は紅く染まるですが、その上空はまだ青々している、って空をよくみます、、って現実的な話書いちゃいました。。。
きっとこのステンドグラスを作った方もそんな写実と、「アクセント」に、水平線を橙色にしたんじゃないかな。

この日本丸を囲む「星座」はそれぞれ東西南北を代表する星座です。
星座の名前メモしておけばよかった・・・。
うん、素敵なステンドグラスです!!
Commented by baijinghy0527 at 2007-06-02 13:53
to ちさりきさん

薄暗い船内の医務室、緊張感ありましたよ。病床は三床だけ。
盲腸手術もした事あるって。
海が荒れた日の急な執刀手術には、操舵士も波や風をよみながら、できるだけ船が揺れないように操舵したとか。

30分程の船内見学の中で深い感銘を受けましたですわ。
Commented by baijinghy0527 at 2007-06-02 14:19
to YAMAKINOさんっ
食玩ヲタクネタ以外では初めまして(猛爆!)
「東京海洋大学」て門仲と豊洲の間のあそこですよね、懐かしいー。
今日は家にいますが、、「明治丸」見学してみたいですわ。

ぱっと名前がでてくる帆船といえば、
「(初代)日本丸」、「咸臨丸」、「カティーサーク」、「サンタ・マリア」位ですわ。
今回、帆船の浪漫を感じちゃいました。
Commented by baijinghy0527 at 2007-06-02 14:23
to 雪だるまさん
こんにちわ。敢えての逆光、マスト越しの太陽の写真、
僕も気に行ってます(^-^)

なにかこの画をいつかイメージしてチクチクしてみていただけたらこれ幸い・・・、みたいな(^^;
Commented by baijinghy0527 at 2007-06-02 14:26
to ami さん
こんちわ。いつもコメントありがとうございますー。
日本丸、たぶん二代目でしょうか、こうして脈々と日本中、太平洋を航海してるんですね。室蘭の日本丸もきっと美しいんでしょうね、
もう行っちゃいましたか、、航海予定、どっか検索したらでるかな。
Commented by tubomim at 2007-06-02 16:04
このピンとしているところが力が感じていますね。
Commented by baijinghy0527 at 2007-06-02 18:15
to つぼみさん
四本のマストと支えあっている何本ものロープ力強さ、うんうん。
そしてバランス、強調を感じました!
日本丸、中国にも過去20数回寄航したそうです。