さくら - いつか生まれ変わる瞬間を信じ -

そろそろ卒業式シーズン、CDショップの店頭には卒業式向けのCDが並びだします。

卒業式にぴったりの厳かな曲調とピアノアレンジ、最近は森山直太郎さんの「さくら」
卒業式向けの歌にあげられていますが、僕はこの歌、どうしても、先の戦争で戦地に向かう特攻隊や飛行隊との惜別の歌に聴こえます。
CDジャケの女性も洋風の喪服を連想するし。

森山さんのこれについてのコメントをみたことないから断定できないのだけど。
一時期ネットでもちょっと話題になったが。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

さくら 作詞:森山直太郎 御徒町凧

僕らは きっと待ってる 君とまた会える日々を
さくら並木の道の上で 手を振り叫ぶよ

どんなに苦しいときも 君は笑っているから
挫けそうになりかけても 頑張れる気がしたよ
霞みゆく景色の中に あの日の歌が聴こえる

さくら さくら 今、咲き誇る
刹那に散りゆく運命と知って
(一瞬で死にゆく運命と知りながらも)
さらば友よ 旅立ちの刻 変わらない その想いを今

今なら言えるだろうか 偽りのない言葉
(平和な今なら言えるだろうか。偽りのない気持ち、反戦、平和を願う言葉を。)
移りゆく街はまるで 僕らを急かすように
(移りゆく街はまるで、僕達を死に急がせるように)

さくら さくら ただ舞い落ちる
いつか生まれ変わる瞬間を信じ
(いつか平和な時代がきて生まれ変わる瞬間を信じ)
泣くな友よ 今惜別のとき 飾らないあの笑顔で さあ

さくら さくら いざ舞い上がれ
永遠にさんざめく 光を浴びて
(友よ、いざ舞い上がれ、
命は途絶えようとも永遠にさんざめく光を浴びて)


さらば友よ またこの場所で会おう 
さくら舞い散る道の上で

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

( )の青文字は僕の解釈。
最後の一節、「この場所」とは靖国かな。
当時は軍に召集された人達は、「さくらのように潔く散り、魂になって靖国で会おう」と、
戦地に向かいました。

戦後60年余の今年も靖国の参道にはさくらが舞い散ります。
[PR]
by baijinghy0527 | 2006-02-24 00:00 | 飛行機と大空 | Comments(14)
Commented by 花うさぎ at 2006-02-24 08:30 x
ちゃんと歌詞を聴いたことなかったけど、本当だ。
小白さんのおっしゃるとおり、卒業式は「お別れの時」であると同時に、「新しい世界への旅立ち」でもあるのに、これじゃなんだか、先への希望がないような気がしちゃいますね。
Commented by facevalley at 2006-02-24 18:02
そういわれて歌詞を確認するとおっしゃるとおりですね。人間爆弾『桜花』というのもあり,戦争に関する桜はなんとなく寂しい気持ちにさせますね。
Commented by baijinghy0527 at 2006-02-25 08:48
to 花うさぎさん
なんかこの歌詞の中に「生」「死」を暗示する単語はあっても「卒業」や「学校」を直接表す単語、ないんですよね。よくみると。

リンク先のCD紹介にも、女子高生の合唱コンクールで歌われてるとかあるし、「歌」って歌詞を噛み締めて歌うのがなによりも大事だと思うのだが、まさか特攻隊思いながら歌ってはいないでしょう・・・
Commented by baijinghy0527 at 2006-02-25 08:53
to facevalleyさん

うん、日本人にとって先の戦争と桜はきっても切り離せないですね。
今の大学生や高校生くらいの若い世代は、桜から戦争を連想したりするのかな、と疑問に思ってしまいます。
Commented by makino at 2006-02-26 09:46 x
ほとんど、「同期の桜」の最後と同じに聞こえちゃうかもね。
”貴様と俺とは 同期の桜 離れ離れに死のうとも 
花の都の靖国神社 同じ梢に 咲いて会おう!
(記憶のみで書いたので、違っていたらゴメン)

>家主さん
と言っている所で、なんなんですが、飛行機模型のヲタ連絡
3/25に「WORLD WINGS MUSEUM 零戦」が出ます。
2BOX(20個)予約済で、数人で分けようしていますので、
「これ欲しい」てのが有ったら、連絡ください。
Commented by baijinghy0527 at 2006-02-26 10:39
to makinoさん
あ。いつもお心遣いすびばせん、
飛行機とか空は大好きなんですが、模型収集の方は二次的なものでして、、今回は(^^;;
お気持ちありがたく頂戴します~ m(__)m
Commented by uedada at 2006-03-01 00:49 x
あ、さっきこの曲の中文カバーを耳にしました。
曲名「再会吧」。歌手名聞きそびれ。
サビの「さくら、さくら」の部分が「再会吧,再会吧」となっており…。
うーむ、微妙に発音近い。やるな(笑)
Commented by baijinghy0527 at 2006-03-01 00:57
to uedaぱぱさん

そのカバー、ききたいっす! その前回西安にいったとき、ホテルのTVで映像付きで流れてたっす。ちょっと跳ねた感じの明るめでアレンジされてて、映像(MTV)は完全に日本の学生服きた高校生&木の校舎で撮影されてたのですた。歌詞まで覚えていませんでしたが・・

「再会吧,再会吧」(ざいふぅぇいば、ざいふぅぇいば、)、
また会おうね、また会おうね、、

なるへそ、恐るべし、やりますなあ。
Commented by uedada at 2006-03-01 11:47 x
「満文軍」という人の歌らしい。
らじおにて傍受せるにつき、手元に音源なし。
百度にて検索を試みるも、歌詞見出せず。
報告、以上であります。
(語調稍有受到「軍」一字的影響 XD)
Commented by 花うさぎ at 2006-03-01 12:37 x
Uedadaさん、「再会吧」の歌詞見つけましたよ。
下のURLです。カラオケで楽しめますね。

http://search.tom.com/mp3/lyric_kid.php?kid=79590|c4baa5b470f546d90aa37a7925a344d0&song=<font%20color=red>再会吧</font>
Commented by 花うさぎ at 2006-03-01 14:15 x
ここでその「再会吧」が全部聞けますよ。
http://app.tom.com/music/listen.php?songid=11389
Commented by uedada at 2006-03-01 22:50 x
哇!ありがとう花うさぎさん、どうもお世話かけました。^_^
よっし、日本語より先にこっちの歌詞覚えるか。

うーん、中国語バージョンではどうも
卒業風なストーリーにまとめてあるようですね。
Commented by uedada at 2006-03-02 17:19 x
んっ。そう言えば
中国の学校は確か9月が年度替わりだよね。
つまり7月か8月が卒業シーズン。
そうすると、中国人がこの歌を聴いたら、夏をイメージするわけだ。
Commented by baijinghy0527 at 2006-03-03 22:18
to 花うさぎさん&uedadaパパ

あー、仲良しだ!! 


(^^)v