麻雀チョコにみる中国の企業努力。

中国の空港の売店とかでよく見かける「麻雀巧克力」です。
別に麻雀グッズ収集マニア(汗)でなくてもこれ見たことある人多いでしょう。
c0073377_101044.jpg
      左:2000年1月1日製造。      右:2003年10月12日製造。


c0073377_10163933.jpg
左の
2000年製は










って書いてあるけど、
右の2003年のは
「チヨ」が



チョ





ってバージョンアップしてる!!

中国の細かい企業努力を垣間見た気がする珍蔵品!!

どうせなら「―」も縦にして欲しかったが。

しかし、2000年1月1日製造って、2000年幕開けの正月からチョコレート工場稼動してたのかしら?! 恐るべし。
c0073377_10413318.jpg

[PR]
by baijinghy0527 | 2005-08-13 10:33 | 麻雀コレクション | Comments(5)
Commented by 小りんご at 2005-08-13 11:39 x
すっごい!!もし中身はホワイトチョコで作れば、もっと似るかな(^^;
Commented by 小白 at 2005-08-13 11:47 x
あれ? 小リンゴ、この麻雀チョコ見たこと無い??
時々会社の人が出張から帰ってくるとお土産にもらうよ、これ。
もしかして外国人向けだから、小りんごは逆に見たこと無いか(汗)。

確かにホワイトチョコだったら尚リアルだねぇ。
(実用新案モノか!?)
Commented by oukyoku at 2005-08-13 12:01
私もはじめて見たけど、面白い!
Commented by ayuoffice at 2005-08-13 16:59
僕はよく見かけています。でも、そのささやかな違いを見つけた小白は、すごいと思います。
でも、個人的に、2003年の新案が全体のバランス的にはあまり良くないと思いますね。なぜでしょう。
Commented by 小白 at 2005-08-13 17:40 x
xuXuも見たことないか。これ、もしかしたら北方では売ってないかな。これ2個とも上海出張のお土産だったような。
製造、販売元はの厦门の会社です、ハイ。

阿宇さん、いらっしゃいませ~♪
んー、新柄の方はやっぱり「チョ」のところが出っ張ってるからアンバランスに見えるんじゃないカナ?